アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる

ニュース 最新ニュース

パブリッシャーActivisionとのトラブルを引き金に、主要スタッフの脱退に歯止めがかからず、スタジオの存続を心配する声もあるInfinity Wardですが、業界アナリストは同スタジオが今後もヒット作を生み出せると予想しているそうです。

おなじみWedbushのアナリストMichael Pachterによると、最近のActivisionのシェア低下傾向は、今週加速したInfinity Wardのスタッフ離脱によってさらに悪化し、今後数ヶ月内にさらに10〜20名のメンバーがいなくなると予測しているとのこと。

しかし、Pachter氏は主要メンバーの脱退が続いても、長期的な目で見ればActivisionにとって問題にならないと指摘。ライバルが増えることで将来のModern Warfare作品のセールスに影響が生じるものの、いなくなった社員は別の熟練社員を後任に就ける可能性が高く、スタジオがこれまで通り競争力の高い製品を開発できるとの見解を述べています。

一連の事件を受けて、「三冠王を取った競走馬を撃ち殺した」などとコメントしたEA幹部もいるそうですが、ActivisionとEA、Infinity WardとRespawn Entertainmentの間で今後どのような動きがあるか依然として強い関心が集まっています。(ソース: GameSpot: Infinity Ward could lose 20 more, still make 'competitive product' - Analyst)


【関連記事】
これはヤバイ…Infinity Ward退社メンバーがよく分かるリスト
噂: Infinity Wardからさらに四名のキーメンバーが退社
EAの新スタジオ設立にActivisionがコメント、IWでは別のスタッフが退社?
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
噂: Infinity Wardの主要スタッフがさらに二名退社
アナリスト: 『Modern Warfare 2』のDLCはもっと高くても売れていた
『CoD: Modern Warfare 2』“Stimulus Package”がXbox LIVEのダウンロード新記録
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゴッド・オブ・ウォー』DLCは考えていない、全てを本編に詰め込んだ―ディレクターが語る

    『ゴッド・オブ・ウォー』DLCは考えていない、全てを本編に詰め込んだ―ディレクターが語る

  2. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

    5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  3. 任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

    任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

  4. 任天堂の君島社長が6月28日付で退任―新代表取締役社長は古川俊太郎氏に内定

  5. 特典付きパッケージ版『ソニックマニア・プラス』国内PS4/スイッチで発売決定!

  6. 警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

  7. 90年代インターネットシム『Hypnospace Outlaw』発表! オンライン世界の秩序を維持せよ

  8. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  9. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  10. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top