VS.シリーズ最新作発表の影で…『Capcom vs. Eric Ruth Games』が登場!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VS.シリーズ最新作発表の影で…『Capcom vs. Eric Ruth Games』が登場!?

Captivate 2010で待望のVS.シリーズ最新作 Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worlds が発表されましたが、その影で Capcom vs. Eric Ruth Games なる対戦格闘ゲームが登場していたようです。と言っても本作はファミコン風Left 4 Deadやロックマン9をHDリミックスしてし

PC Windows


Captivate 2010で待望のVS.シリーズ最新作Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worldsが発表されましたが、その影でCapcom vs. Eric Ruth Gamesなる対戦格闘ゲームが登場していたようです。と言っても本作はファミコン風Left 4 Deadロックマン9をHDリミックスしてしまったEric Ruth氏によるファンメイド作品です。

まだ開発中であるもののYouTubeではプレイ動画が公開されています。解像度は100 x 60と非常に小さなものですが(動画は拡大されています)、しっかりとアニメーションしますし、コンボや超必殺技の演出もしっかりと取り入れられています。Capcom vs. Eric Ruth Gamesという事でキャラクターのうち半分はオリジナルキャラクターですが、なかなか気になるタイトルですね。
(ソース: Joystiq, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
海外サイトが『Marvel vs. Capcom 3』の参戦キャラクターを大予想!
カプコン、『Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worlds』を正式に発表!
バイオ5のクリスも参戦!『Marvel vs. Capcom 3』のトレイラーが遂に登場
ファミコン風『Left 4 Dead』の作者が今度は『ロックマン9』をHDリミックス!
ファミコン風デメイク版『Left 4 Dead』が遂に公開!
あのファミコン風『Left 4 Dead』のゲームプレイ映像第2弾が公開
生存者も感染者も8-bitになってしまったファミコン風『Left 4 Dead』
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

PC アクセスランキング

  1. Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

    Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

  2. 『ボーダーランズ3』「クロスプラットフォームプレイ」「最大レベル引き上げ」「シーズンイベント常設化」等の無料アップデートが配信

    『ボーダーランズ3』「クロスプラットフォームプレイ」「最大レベル引き上げ」「シーズンイベント常設化」等の無料アップデートが配信

  3. 夏直前の“注目作・期待作”ラッシュがヤバい!『ゼルダ』や昨年のGOTY候補作など、直近約1ヶ月間の必見タイトルを独断でお届け

    夏直前の“注目作・期待作”ラッシュがヤバい!『ゼルダ』や昨年のGOTY候補作など、直近約1ヶ月間の必見タイトルを独断でお届け

  4. Razerはゲーミングチェアの新モデル「Razer Iskur X」やキーボードとマウスがセットになった「Razer Level Up Bundle」などを6月25日に発売

  5. 犯人だけでなく被害者も誰か推理するコナミ新作対戦ミステリーシム『CRIMESIGHT』発表!

  6. ファンタジーRPG『グリードフォール』4Kや高速ロードに対応する新世代機向け無料アップグレードと拡張版「The De Vespe Conspiracy」海外6月30日リリース

  7. 生と死についてのADV『Lost At Sea』現地7月15日リリース―初老女性が謎の島で人生を振り返る

  8. 初期のキングスキャニオンとワールズエッジが復活&アリーナにスカルタウン追加!『Apex Legends』で「ジェネシスコレクションイベント」6月29日より開催

  9. 「アバター」新作ゲーム『Avatar: Frontiers of Pandora』レイトレーシングやNPCのAIに焦点を当てた技術紹介映像!

  10. 『原神』新★5キャラ「楓原万葉」の詳細公開!一人称の「拙者」や語尾の「ござる」など、その姿は“いかにもな武士”

アクセスランキングをもっと見る

page top