Microsoft: Kinectを最初に買うのはコアゲーマー層になる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoft: Kinectを最初に買うのはコアゲーマー層になる

E3 2010のプレスカンファレンスでは、Kinectのデモンストレーションや対応ソフトの紹介に多くの時間を割いたMicrosoftですが、新型モーションカメラはライトユーザーよりもコアゲーマー層に強く訴求できると考えているようです。

家庭用ゲーム Xbox360
E3 2010のプレスカンファレンスでは、Kinectのデモンストレーションや対応ソフトの紹介に多くの時間を割いたMicrosoftですが、新型モーションカメラはライトユーザーよりもコアゲーマー層に強く訴求できると考えているようです。

CVGのインタビューを受けたXboxのワールドワイドプロダクトマーケティングマネージャーRyan Moore氏は、「他の様々な製品と同じように、Kinectを最初に購入するのはハードコアゲーマーになると思います」と発言。Kinectimalsのようなカジュアル向けタイトルからコアゲーマー向けのものまで、幅広い製品ラインナップを年末に用意すると話しています。

Kinectは北米で2010年11月4日に発売予定。日本を含むその他の地域での具体的な発売日はまだ発表されていません。(ソース: CVG: Microsoft's Ryan Moore via VG247)


【関連記事】
噂: Kinectの公式価格は120ドルになる?小売店から新情報
Kinectの3Dセンサー技術がPCやテレビにも導入の動き
モーション操作や音声認識でKinect Dashboardにアクセスする動画
Game*Sparkリサーチ『KinectまたはMoveを購入しますか?』結果発表
E3 10: 『メタルギアソリッドライジング』はMoveやKinect対応の可能性も
E3 10: 次世代のレース体験?『Forza with Kinect』デモンストレーション動画
E3 10: Kinectの北米リリース日が決定、ローンチタイトルは15種類
E3 10: Microsoftメディアブリーフィング発表内容ひとまとめ
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  3. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  4. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  5. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top