アナリスト: Kinectの単品価格はコアゲーマーにとって高すぎる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリスト: Kinectの単品価格はコアゲーマーにとって高すぎる

家庭用ゲーム Xbox360

今週、MicrosoftからKinectの単品や本体バンドルの価格が発表になりましたが、業界アナリストのMichael Pachter氏が、特に単品での価格設定がコアゲーマー層にとって高すぎるとの見解を示しました。

Pachter氏によると、Kinectが実質100ドルになる本体バンドルに比べ、単品での150ドルという価格は高すぎるため、既に本体を所持しているコアゲーマー層の90〜95%が購入を買い控えることになり、スタンドアロンの販売数は200〜400万台の範囲が予想されるとのこと。

また300ドルの全部入りアーケードバンドルについても、さらに100ドル安価なニンテンドーWiiにとって大きな脅威にはならないと指摘。ライバルのPS3に関しても、PlayStation Moveを2人で遊ぶには本体バンドルと追加のコントローラを含め480ドル相当が必要になるため、Wiiとの競争力は持たないと予想しています。

Pachter氏は、ゲーム業界全体を刺激するにはKinectとMoveの価格設定がまだ高すぎるとしながらも、両者がそこそこは売れるとの考えを述べました。

別の業界関係者からは、来年早くにもKinectが値下げされると予想する声も出ており、発売後の売れ行きやMicrosoftの動きが注目されそうです。(ソース: CVG: Pachter: Kinect price is too high for hardcore)


【関連記事】
Microsoft、Kinectの公式価格や4GBの新モデルXbox 360本体を発表
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
UKの小売店幹部がKinectの価格を疑問視、「予約数は非常に少ない」
北米でMoveと専用ソフト同梱のPS3本体バンドルパックが発表
Game*Sparkリサーチ『KinectまたはMoveを購入しますか?』結果発表
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. DC格闘ゲーム『Injustice 2』にジョーカー参戦!―狂気と混沌のプレイ映像

    DC格闘ゲーム『Injustice 2』にジョーカー参戦!―狂気と混沌のプレイ映像

  2. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

    PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

  3. 『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

    『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

  4. 『Call of Duty: WWII』発売日や武器の詳細は?現時点の情報まとめ

  5. 『オーバーウォッチ』プレイヤー数が3,000万人を突破!

  6. PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

  7. PS4『ポータルナイツ』のゲーム内容を紹介する国内向け最新トレイラー!

  8. PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、約1200タイトルが視聴可能

  9. 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ

  10. 『Minecraft: Nintendo Switch Edition』5月発売へ、『マリオ』風スキンパックも収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top