Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない

PC Windows

東京ゲームショウではコアゲーマー向けの専用タイトル5作品が一挙に発表され、ブースでも多くの来場者にアピールしていたXbox 360のKinect。その開発を指揮するクリエイティブディレクターのKudo Tsunoda氏が、今後登場する対応ゲームの方向性やあり方、あるいはFPSの進化について興味深い発言をしたようです。

以下、Game Informerのインタビューから氏の発言を抜粋。

“ファーストパーソンシューターが進化した方法について考えてみてください。それは最初PCで始まりました。開発者達は長い時間をかけてシューターをPCから家庭用機に移植しようとしたのです。当時世間は「FPSをするのに十分な反応速度は実現できない」「家庭用機でFPSは楽しめない、それはキーボードとマウスで遊ぶために作られたものだ」などと今Kinectに対して言われているのと同じようなことを言っていました。確かにPC向けに作られた既存のシューターをただ家庭用機に移植するだけではPCのように楽しむことができませんでした。

Haloは家庭用機のためだけのFPSを作るという素晴らしい仕事を成し遂げました。現在PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいません。コンソールが全てなのです。それはKinectのゲームにも同じことが感じられます。もしコントローラーで遊ぶために作られているものをKinectに移植し続けるだけなら、良い体験は実現できないでしょう。しかし時間をかけてKinectのために基礎からゲームを開発すれば、何か全く新しい体験を作り出すことができるはずです”

またTsunoda氏は、Kinectのソーシャル的な面によって日本国内でのXbox 360の本体セールスを助けることができるか、という別に質問に対し、「間違いない」と答えています。(ソース: Game Informer: Talking Kinect With Kudo)


【関連記事】
TGS 10: Kinectでドラゴンに乗る!『Project Draco』直撮りトレイラー映像
TGS 10: セガ、Kinect専用タイトルの『Rise of Nightmares』を発表
TGS 10: パラッパの松浦氏が手がけるKinect専用ホラーゲーム『Haunt』が発表
TGS 10: Kinect専用の『鉄騎』新作、『重鉄騎』が発表!
TGS 10: Suda51がKinect対応の新作アクション『Codename D』を発表
TGS 10: アバター対応の『ファイヤープロレスリング』最新作が発表
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施

    ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施

  2. 『PUBG』過去3ヶ月にチーター25,000人BANを報告

    『PUBG』過去3ヶ月にチーター25,000人BANを報告

  3. 『PUBG』まもなく配信の6月度アップデート内容公開!新武器2種も実装

    『PUBG』まもなく配信の6月度アップデート内容公開!新武器2種も実装

  4. 脳侵入ホラー『Observer』サイバーパンクな最新映像!日本語対応も

  5. BioWare大作『Anthem』は「スター・ウォーズ」「マーベル」のような"SF"に

  6. 『Wreckfest』に大幅更新、パブリッシャーもTHQ Nordicに決定

  7. 豪華客船ADV『Titanic: Honor and Glory』の最新デモ公開!―美しく蘇るタイタニック号…

  8. 『PUBG』6月度アップデートではスポーンバランスも修正―VSSが支援物資から削除など

  9. スイッチ向け『スチームワールド ディグ 2』のSteamとPS4版が海外発表

  10. 血と肉片飛び散るVR剣闘士アクション『GORN』早期アクセスへ

アクセスランキングをもっと見る

page top