海外レビューハイスコア 『デッドライジング2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『デッドライジング2』

PC Windows



Game Informer: 9.5/10
何十時間とプレイした後でさえ、まだ新しいことを発見するだろう。棒状の武器として使える数々のオブジェクト、といった明らかなもの以上に、このゲームには見つけるべき多様性がたっぷりとある。このゲームは何度もプレイするようにデザインされており、私はその一回一回が楽しみでしょうがない。

GameSpot: 8.5/10
この続編は、前作と同じくらいのアディクションがあることを証明してくれた。さらに新しいCo-opモードや武器作成システムは、フランチャイズにおけるグレイトな追加要素だ。
GOOD: クレバーでブルータルな武器の組み合わせ。プレイヤーを駆動させ続けるミッション構造。不穏なバックストーリーと挑戦的なファイトを提供してくれるサイコパスたち。たくさんのシークレット要素。楽しくやりがいのあるCo-opプレイ。
BAD: 長くて頻繁なローディング。必ずしも良反応でない操作性。

IGN: 8.0/10
スムーズなゲームというにはほど遠いですが、しかしながらこのゲームの楽しさを考えるとそれは重要な意味をなさなくなります。マスクを被ってカーバッテリーでアンデッド感電死、ナイフとボクシンググローブでウルヴァリン気分、そうした全てが素晴らしい時間。このゲームのどんな問題点も棚上げにできるかもしれません。

Eurogamer: 8.0/10
若干のイライラがあるにも関わらず、Dead Rising 2はあなたを味方につけるでしょう。何がゲームで何がそうでないか、それを適切に把握しているという点は称賛に値します。前作のエッジ感はちょっとだけ和らぎました(それは疑いなく西洋のスタジオの貢献によるものです)。結果として個性、苛立たしさ、可笑しさ、魅力を備えたバランスの良いゲームになりました。

Videogamer: 7.0/10
Dead Rising 2は失敗ではない。いくつかの不運なゲームデザインに足を引っ張られてはいるが、楽しくてプレイに報いてくれるゲームだ。それは様々な点で価値のある続編。しかし革新的な武器作成要素にも関わらず、これはまだCapcomがパーフェクトなブレンドを見つけていないことを示唆している。
GOOD: たくさんのリプレイ・バリュー。オリジナリティ&バラエティな楽しいサンドボックス。
BAD: ボス戦のイライラ感は主要なマイナス要素。時おり軋みを上げるオールドファッションなデザイン。


欧州を皮切りに、9月末に世界でいっせいに発売となるデッドライジング2(Xbox 360/PS3版。PC版は後日)。海外のBlue Castle Games開発、マルチプレイの導入、多機種展開と、続編としては多くの変化を迎えた本作のレビューがほぼ出そろいました。

初出は2008年2月(あるいはもっと前)まで遡るデッドライジング2。開発に時間をかけ「前作の欠点をほぼ取り除いた結果、今年最も楽しいゲームのひとつとなった」とGameInformerに言わしめるなど、確かな手応えがレビューからはうかがえます。

GIが特に前作からの改善として挙げているのが、ゲーム進行の大きな部分を占める生存者の救出。「コントローラーを投げたくなるほど」楽しくなかった前作と比べると、「6人の生存者をつれてもAIに問題を感じなかった」ほどだと述べています。ここで挙げた中では点数の低めなVideogamerでさえ、彼らが自分の世話を自分でするようになり、「生存者のAIは計り知れないほど改善した」とコメントしています。





また、本作の大きな追加要素となる武器作成やマルチプレイなどもおおむね好評。ちなみにシングルキャンペーンを二人で楽しめるCo-opモードについて。ストーリーの進行はホストのみセーブ可ですが、ゲストも経験値やお金をセーブして持ち帰ることができるようです。

欠点としてちらほら挙げられているのが、やはり「長いロード時間」です。Eurogamerでは「大量のゾンビを読み込むのに必要だったのは疑いないが、それでも頻繁かつ長いローディングがプレイのリズムを妨げている」としています。それ以外で細かい問題点として「ボス戦で露呈する鈍い操作性」「ミニマップの欠如」「フレームレート問題」などが、いくつかのサイトで挙げられています。



上記のような問題点に目をつぶることができれば、どのレビューでも一様に評価されている高いリプレイ性――様々なエンディング、たくさんのシークレット、レベル上げ、カスタマイズ、そしてマルチプレイ――というデッドライジングの魅力を堪能できるはず。日本でも間もなく発売です。(ソース: metacritic)

(C) 2010 CAPCOM Entertainment. All Rights Reserved.


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

    カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  2. 「シヴィライゼーション VI 文明の興亡」の紹介映像が日本語字幕対応で公開!ー新要素を一挙解説

    「シヴィライゼーション VI 文明の興亡」の紹介映像が日本語字幕対応で公開!ー新要素を一挙解説

  3. F2P近未来シューター『Ironsight』海外オープンβは2月1日より開始

    F2P近未来シューター『Ironsight』海外オープンβは2月1日より開始

  4. 惑星開拓シム『RimWorld』次回アップデートでバージョン1.0に―多くの改善が予定

  5. Co-opタクティカルRTS『The Red Solstice』Steam版がHumbleストアで期間限定無料配信

  6. 見事な日本ロボアニメ風プロモも!『Heroes of the Storm』新スキンが配信開始

  7. 『PUBG』Ping差のあるプレイヤー間のマッチングを制限―新システムの開発を告知

  8. 【E3 2017】中世RPG期待作『Mount & Blade II』の新たな詳細が明らかに

  9. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  10. フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

page top