海外サイトが選ぶ『真・三國無双シリーズ歴代作品』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『真・三國無双シリーズ歴代作品』TOP10

真・三國無双シリーズの熱心なファンだという海外サイトDestructoidの記者が、シリーズのベストタイトルを選出する「真・三國無双トップ10」記事を掲載。その内容をまとめてご紹介します。

家庭用ゲーム Xbox360
無双系アクションと呼ばれる新たなジャンルを確立、先日フランチャイズ10周年を迎えたコーエーテクモの真・三國無双。シリーズの熱心なファンだという海外サイトDestructoidの記者Jim Sterling氏が、シリーズのベストタイトルを選出する「真・三國無双トップ10」記事を掲載。その内容をまとめてご紹介します。

10位: 真・三國無双
(PS2, 2000年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


9位: 真・三國無双3
(PS2, 2003年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


8位: 真・三國無双5
(PS3/Xbox 360他, 2008年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+□または△+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


7位: 真・三國無双ADVANCE
(GBA, 2005年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。いくつかの小さなアイコンぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となってA+AまたはB+Bといった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


6位: 真・三國無双3 猛将伝
(PS2, 2003年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


5位: 真・三國無双3 Empires
(PS2, 2004年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


4位: 無双OROCHI
(PS2/Xbox 360, 2007年)
“本作では独自の魔王のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる魔物の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って魔物らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な魔物で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な魔物をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


3位: 真・三國無双4
(PS2/Xbox, 2005年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


2位: 真・三國無双 MULTI RAID
(PSP, 2009年)
“本作では部屋に分かれた独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる部屋の敵と戦うことになる。二つの軍勢はぶつかり合わないが、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って変な魔法使いとかを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。でかいユニコーンも登場するよ!”


1位: 真・三國無双2
(PS2/Xbox, 2001年)
“本作では独自の戦場のシナリオに沿って必死にボタンを連打しながら無限に押し寄せる敵の大軍と戦うことになる。二つの軍勢がぶつかり合い、プレイヤーは一人の戦士となって□+△または□+□+△といった過激なコンボを使って彼らを全滅させるのだ。

深みのあるレベルシステム、多数のプレイアブルキャラクター、不運な兵隊で溢れかえった広大な戦場、そして不敵な敵将軍をフィーチャー。これは真・三國無双シリーズでも本当に素晴らしくてユニークな作品。呂布も登場するよ!”


(ソース&イメージ: Destructoid: Top Ten Dynasty Warriors games!)


【関連記事】
海外サイトが選ぶ『オリジナルよりも出来が良い続編ゲーム』TOP10
海外サイトが選ぶ『全く進化しなかった続編ゲーム』TOP7
あるある!『ゲームにおける死亡フラグ』15選
海外で発音を間違えられやすい日本のゲームタイトル名は…
海外サイトが選ぶ『ゲームの続編にいらない追加要素』TOP7
『痛いほど前置きが長い大作ゲーム』TOP7
海外サイトが選ぶ『最も偉大なRPG作品』TOP10
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『R-TYPE FINAL 2』最新アップデート配信!『ミスターヘリの大冒険』『海底大戦争』オマージュステージ収録のDLC情報も

    『R-TYPE FINAL 2』最新アップデート配信!『ミスターヘリの大冒険』『海底大戦争』オマージュステージ収録のDLC情報も

  2. メイド「湊あくあ」が歌う『あくありうむ。』OPムービー!プレイヤーにお姫様抱っこされる姿も

    メイド「湊あくあ」が歌う『あくありうむ。』OPムービー!プレイヤーにお姫様抱っこされる姿も

  3. VTuber「湊あくあ」主演の純愛ノベルゲーム『あくありうむ。』スイッチパッケージ版の予約受付開始!特典内容の詳細も公開

    VTuber「湊あくあ」主演の純愛ノベルゲーム『あくありうむ。』スイッチパッケージ版の予約受付開始!特典内容の詳細も公開

  4. 20周年記念作リメイク『パックマンワールド リ・パック』オープニング映像公開―パックマンが冒険に出るきっかけとは…

  5. 【吉田輝和の絵日記】地球最後の親子ギツネの物語を描くADV『エンドリング - エクスティンクション イズ フォーエバー』では波乱万丈の“狐生”が体験できる

  6. 新装版『歪みの国のアリス』ガラケー時代の名作ノベル型ホラーADVスイッチでリリース決定―Steamにも対応予定

  7. 『オーバーウォッチ』1と2は将来的にクライアント統合されるだろう―ジェフ・カプラン氏語る

  8. 『魔法使いの夜』最新PV公開! 現代に生きる魔法使い「蒼崎青子」の魅力を描く1分間─通常版ビジュアルなども初公開

  9. シリーズ新作か?『鉄拳7』無料アップデート&世界大会トレイラーのラストに意味深なカット

  10. スイッチ版『荒野行動』基本無料でサービス開始!生き残るのはただ1人…

アクセスランキングをもっと見る

page top