SCE、PSP go本体の値下げを発表。10月26日より16,800円に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE、PSP go本体の値下げを発表。10月26日より16,800円に

携帯ゲーム PSP

本日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、新モデルのPSP本体PSP goを、2010年10月26日より26,800円から16,800円に値下げすると発表しました。

2009年11月に発売されたPSP goは、既存のUMDドライブを廃止し、大容量のフラッシュドライブを搭載したデジタルダウンロードコンテンツ特化型の新モデル。当初はPSP-3000の後継機的な存在としても見られ、ユーザーの所持するUMDドライブをデジタル版に交換するサービスも検討されていましたが、結局そうした試みは行われませんでした。

またゲームがダウンロード専用という仕様であることから、一部の小売店関係者から反発を受けるというトラブルも。

先日から一部の店舗で既に値下げが確認されていたため、今回の発表は大方の予想通りのものだと言えます。

尚、ロイターの記事によると、北米地域でも249ドルから199ドルに値下げが実施される模様です。(ソース: ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン: ニュースリリース)


【関連記事】
北米でもPSPの大型プロモーションが実施、PSP goにはソフト3本が無料で付属
欧州でPSP goの新たな施策、10本のゲームを無料ダウンロード
SCEA幹部、PSP goの価格設定や年内発売の超大型タイトルに言及
PSP go用のUMDドライブ開発の噂についてLogitechが正式にコメント
『Uncharted 2』『Borderlands』『PSP Go』10月の北米ハード&ソフトセールスランキング
「UMDが入らない!」 Mega64が描くPSP Go新規ユーザーの悲劇…
PSP Goの発売から3日間でPSP本体の北米セールスが300%に上昇
UKでPSP Goが発売、SCEE「売り上げは予想通り」 前週比120%超
海外レビュー番外編: 話題の新モデル『PSP go』の評判は…?
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『Tony Hawk's Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

    『Tony Hawk's Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

  2. 北米版『CoD: Black Ops: Declassified』にはPSPタイトル『CoD: Roads to Victory』が無料で付属

    北米版『CoD: Black Ops: Declassified』にはPSPタイトル『CoD: Roads to Victory』が無料で付属

  3. 『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

    『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

  4. 222MHz vs 333Mhz 『God of War: Chains of Olympus』クロックによる動作の違い

  5. 【UPDATE】国内向けPS4/PS Vita版『UNDERTALE』配信開始! ボクと いっしょに あそばない?

  6. 日本一ソフトウェア新作『ロゼと黄昏の古城』発表…公式サイトを21日に公開予定

  7. PS Vita/3DS『Farming Simulator 18』海外発売日決定!―トレイラーも披露

アクセスランキングをもっと見る

page top