ZeniMax Mediaが三上真司氏の開発スタジオTangoを買収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ZeniMax Mediaが三上真司氏の開発スタジオTangoを買収

本日、Bethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaは、バイオハザードやVANQUISHのクリエイターとして知られる三上真司氏の開発スタジオTangoを買収したと発表しました。

ニュース 最新ニュース


本日、Bethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaは、バイオハザードやVANQUISHのクリエイターとして知られる三上真司氏の開発スタジオTangoを買収したと発表しました。

国内を拠点にするTangoは、今年3月に設立されたマルチプラットフォームタイトルの開発を主軸とした新スタジオで、バイオハザード、デビルメイクライ、ファイナルファンタジーシリーズ等の制作に関わったスタッフが集結。今回の買収によりTango Gameworksと改名し、ZeniMax Mediaの傘下でさらに開発体制を強化していく考え。

The Elder ScrollsシリーズやFallout 3を手掛けた大手RPGメーカーとして知られるBethesda Softworksと、その親会社ZeniMax Mediaは、昨年6月にid Softwareを買収、今年に入ってからもArkane Studiosを買収するなど次々と一流スタジオを吸収し、海外での勢力を急速に拡大している存在。

プレスリリースでは代表者から以下のようなコメントが発表されています。

“開発スタジオを信頼し、ヒット作を生み出す為に必要な様々なサポートを惜しまないと言うスタンスのパブリッシャーとの出会いを新鮮に感じる。ゼニマックスの非常にクォリティの高いシリーズ作品が全てを物語ると思う。ゼニマックスの一員となり、一緒にベストなゲームをつくっていける事を誇りに思う。”−Tango 三上真司氏

“三上氏が携わった過去の作品の多くは世界中のユーザーや批評家から絶賛され、氏は世界的にもトップ・クリエーターとして評価されている。我々は革新的でゲームと言う分野をリードする彼のビジョンを共有し、今後は三上氏並びにTango Gameworksのスタッフとの協力関係に期待を寄せる。”−ZeniMax Media CEO Robert Altman氏

今後、Tango Gameworksが開発するゲームは国内でゼニマックス・アジアがパブリッシャーを受け持つことが予想されます。海外メーカーと一つになった三上氏率いる日本のクリエイターからどのような作品が生まれるのか、今後の新作発表に世界中から大きな期待が集まりそうです。(ソース: ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア, イメージ: Bethesda Blog)


【関連記事】
Bethesdaの親会社ZeniMax Mediaが『Doom』や『Quake』のid Softwareを買収
EAからBethesdaへ―Zenimax、id Softwareの『Rage』販売権獲得を発表
ZeniMax Mediaが『Dark Messiah of Might and Magic』のArkane Studiosを買収
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. SFパズルアドベンチャー『Afterlight』がPC向けに発表!4月からKickstarterを予定

  6. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  9. 『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

  10. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

アクセスランキングをもっと見る

page top