LA Times: 『Modern Warfare 3』はIWとSledgehammerが共同で開発、11月に発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

LA Times: 『Modern Warfare 3』はIWとSledgehammerが共同で開発、11月に発売

ニュース 最新ニュース

その開発スタジオやゲーム内容に関して、これまで様々な説が飛び交っているCall of Dutyフランチャイズの最新作ですが、米国大手メディアLA TimesがActivisionの内部事情をよく知る人物から入手した新たな情報を報じています。

それによると、シリーズ最新作となるCall of Duty: Modern Warfare 3は、Infinity WardがSledgehammer Gamesの協力の下で既に制作段階にあり、2011年11月の発売が見込まれるとのこと。Call of Duty 4: Modern Warfareは2007年11月に、Modern Warfare 2は2009年11月に発売されており、その2年おきの発売サイクルに従う形になるようです。

また、Infinity WardとSledgehammer Gamesが担当しているのはゲームのシングルプレイ部分で、マルチプレイヤーモードは最近Activisionによって買収されたRaven Softwareが担当しているのだとか。

一方、以前も噂になったSledgehammer手掛けるCall of Dutyのスピンオフタイトルは、同スタジオがModern Warfare 3の開発支援に回ったことから、制作開始の延期を余儀なくされたと伝えられています。

果たしてこれらの情報のうちどこまでが真実なのか知るすべはありませんが、Modern Warfare 3の11月発売が事実なら、正式発表されるのは時間の問題かもしれません。(ソース: LA Times: Activision calls in reinforcements for next Call of Duty game via Destructoid)


【関連記事】
人気シリーズ『Call of Duty』の“次回作”はSledgehammerが開発中
噂: Sledgehammerの新作『Call of Duty』にはスペースマリーンが登場
アナリスト: Sledgehammerは『Modern Warfare 3』を開発している
Sledgehammerが手掛ける新作『Call of Duty』のディテールが一部判明
Infinity Wardが『Call of Duty 4: Modern Warfare』の前編となる新作を開発中?
Activision、4億ドルの損害賠償を求めてEAを訴訟−Infinity Ward事件で
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  4. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  5. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top