日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較

日本では2月17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、 Marvel vs. Capcom 3 。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されていますが、そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくると

家庭用ゲーム Xbox360
北米では2月15日、日本では17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worlds。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されています。そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくるとかこないとか……。



こちらは北米/欧州版。マーヴルとカプコンの対決姿勢を全面に押し出したデザインとなっており、一触即発のアイアンマンとリュウがそれぞれメインポジションに。個性的な顔立ち? のモリガンがヒロインのような感じでしょうか。ドクター・ドゥームとウェスカーがそれぞれボスっぽいポジション。



こちらは日本版。マーヴルとカプコンのキャラが手前側へ向かっていくデザインで、MVCという世界観を現している、といえるでしょうか。登場キャラ数も多いですね。リュウの隣にはウルヴァリンで、あれアイアンマンは…? と思ったらちょっと遠いところに。モリガンに至っては顔も見えないくらい小さくなって、代わりに海外版には映ってすらいないフェリシアがけっこう前に。マグニートーが“全てを統べし者”的なセンターポジションにいるのも特徴です。

赤×黒の渋い海外版、青―赤―紫の華やかな日本版(どちらも緑色の人が効いてます)。キャラクターの配置はデザイン上のカラーバランスも考慮されているはずで、一概にどうとはいえませんが、海外と日本の(人気とかの)違いを考えてみるのもおもしろそう。この2つのアートに公式サイトを加え、いろんな形でキャラクターをじっくり見比べてみてもよさそうです。(イメージ: Amazon)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

    『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

  2. PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

    PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

  3. PS5が起動しなくなる不具合について『サムライメイデン』との因果関係は認められず―1カ月以上の調査の結果

    PS5が起動しなくなる不具合について『サムライメイデン』との因果関係は認められず―1カ月以上の調査の結果

  4. 『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

  5. コエテク新作『Rise of the Ronin』PSストアページ公開―Team NINJAが手掛ける幕末オープンワールドアクションRPG

  6. 『クロスファイア』シリーズ最新作『CrossfireX』が5月18日にシングル含めサービス終了へ

  7. 『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

  8. コエテク新作、浪人となり日本の新たな時代を築く新作ACT『Rise of the Ronin』発表!【State of Play】

  9. GOTY受賞作『It Takes Two』1,000万本突破―リリースから2年弱で達成

  10. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

アクセスランキングをもっと見る

page top