日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較

日本では2月17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、 Marvel vs. Capcom 3 。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されていますが、そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくると

家庭用ゲーム Xbox360
北米では2月15日、日本では17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worlds。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されています。そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくるとかこないとか……。



こちらは北米/欧州版。マーヴルとカプコンの対決姿勢を全面に押し出したデザインとなっており、一触即発のアイアンマンとリュウがそれぞれメインポジションに。個性的な顔立ち? のモリガンがヒロインのような感じでしょうか。ドクター・ドゥームとウェスカーがそれぞれボスっぽいポジション。



こちらは日本版。マーヴルとカプコンのキャラが手前側へ向かっていくデザインで、MVCという世界観を現している、といえるでしょうか。登場キャラ数も多いですね。リュウの隣にはウルヴァリンで、あれアイアンマンは…? と思ったらちょっと遠いところに。モリガンに至っては顔も見えないくらい小さくなって、代わりに海外版には映ってすらいないフェリシアがけっこう前に。マグニートーが“全てを統べし者”的なセンターポジションにいるのも特徴です。

赤×黒の渋い海外版、青―赤―紫の華やかな日本版(どちらも緑色の人が効いてます)。キャラクターの配置はデザイン上のカラーバランスも考慮されているはずで、一概にどうとはいえませんが、海外と日本の(人気とかの)違いを考えてみるのもおもしろそう。この2つのアートに公式サイトを加え、いろんな形でキャラクターをじっくり見比べてみてもよさそうです。(イメージ: Amazon)


【関連記事】




《Kako》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』見た目のインパクトが凄い武器4選―掲げるだけで気持ち良い!意外と実用的な性能が隠れていることも

    『モンハンライズ』見た目のインパクトが凄い武器4選―掲げるだけで気持ち良い!意外と実用的な性能が隠れていることも

  2. 『モンハンライズ』Ver3.1.0配信開始!アップデートに必要な容量は約0.65GB―新たなイベントクエストやDLC追加、不具合修正が中心

    『モンハンライズ』Ver3.1.0配信開始!アップデートに必要な容量は約0.65GB―新たなイベントクエストやDLC追加、不具合修正が中心

  3. 『ゴールデンアイ007』再現ステージが著作権侵害の申し立てにより削除―『ファークライ5』猛者による約1400時間の傑作が水の泡に

    『ゴールデンアイ007』再現ステージが著作権侵害の申し立てにより削除―『ファークライ5』猛者による約1400時間の傑作が水の泡に

  4. 『モンハンライズ』イベクエで新防具「ブラックレザー」追加!スキルは“翔蟲使いLv2”、空きスロ3―見た目もスタイリッシュ

  5. 最大100人のマルチプレイヤーサバイバル『Rust』国内PS4版が発売! 弱肉強食の世界で生き延びろ

  6. 「脳」の力で仲間と戦うブレインパンク・ARPG『SCARLET NEXUS』発売―Steam版は6月25日に配信

  7. 海外『Ghost of Tsushima』のパッケージから「Only on PlayStation」が消えた―過去には『Days Gone』などPC版展開作品でも同様の動き

  8. 『ポケモンユナイト』難しい単語一切なしの超初心者ガイド! 対戦を楽しむために8つのポイントを覚えよう

  9. スイッチ『ポケモンユナイト』ネットワークテスト開始!シリーズ初の5対5チームアクション、開幕

  10. 『モンハン』のRPGだからこそ、深堀りできる世界があるーガルクや『クロス』4大メイン、導虫まで集結した『モンハンストーリーズ2』開発者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top