日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本ではモリガンが不遇…?『Marvel vs. Capcom 3』ボックスアートを比較

日本では2月17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、 Marvel vs. Capcom 3 。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されていますが、そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくると

家庭用ゲーム Xbox360
北米では2月15日、日本では17日に発売されるカプコンの対戦格闘ゲーム、Marvel vs. Capcom 3: Fate of Two Worlds。たくさんのキャラクターが参戦する本作では、海外版/日本版でそれぞれ違ったボックスアートが用意されています。そこに描かれたキャラクターの立ち位置から、文化の違いが見えてくるとかこないとか……。



こちらは北米/欧州版。マーヴルとカプコンの対決姿勢を全面に押し出したデザインとなっており、一触即発のアイアンマンとリュウがそれぞれメインポジションに。個性的な顔立ち? のモリガンがヒロインのような感じでしょうか。ドクター・ドゥームとウェスカーがそれぞれボスっぽいポジション。



こちらは日本版。マーヴルとカプコンのキャラが手前側へ向かっていくデザインで、MVCという世界観を現している、といえるでしょうか。登場キャラ数も多いですね。リュウの隣にはウルヴァリンで、あれアイアンマンは…? と思ったらちょっと遠いところに。モリガンに至っては顔も見えないくらい小さくなって、代わりに海外版には映ってすらいないフェリシアがけっこう前に。マグニートーが“全てを統べし者”的なセンターポジションにいるのも特徴です。

赤×黒の渋い海外版、青―赤―紫の華やかな日本版(どちらも緑色の人が効いてます)。キャラクターの配置はデザイン上のカラーバランスも考慮されているはずで、一概にどうとはいえませんが、海外と日本の(人気とかの)違いを考えてみるのもおもしろそう。この2つのアートに公式サイトを加え、いろんな形でキャラクターをじっくり見比べてみてもよさそうです。(イメージ: Amazon)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

    『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

  2. 『フォートナイト』二段階認証を設定で新エモート「ブギウギ」が入手可能に

    『フォートナイト』二段階認証を設定で新エモート「ブギウギ」が入手可能に

  3. 『フォートナイト』地震によってトマト・テンプル周辺に謎の地割れが発生ーシーズン8への布石か

    『フォートナイト』地震によってトマト・テンプル周辺に謎の地割れが発生ーシーズン8への布石か

  4. 『Apex Legends』Twitchにおける1日の視聴時間合計が840万時間に―『フォートナイト』を超える記録

  5. Co-opアクション『Anthem』の先行プレイが開始!―EAの定額サービス利用者対象

  6. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. シリーズ最新作『ルーンファクトリー5』制作決定!

  8. 『DEAD OR ALIVE 6』に「不知火 舞」が参戦決定―SNKコラボでさらにもう1人登場予定

  9. 『Fallout 76』まもなく配信予定のパッチ6で収納箱の容量が800へ増加―内容が一部公開

  10. 『フォートナイト』v7.40アップデートのパッチノート公開―チャレンジ達成でバトルパスが無料に

アクセスランキングをもっと見る

page top