スウェーデンのネットワーク技術会社が1,000人対応のオンラインFPSを開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スウェーデンのネットワーク技術会社が1,000人対応のオンラインFPSを開発中

PC Windows


スウェーデンのネットワーク技術会社PikkoTekkは、1,000人のプレイヤーが参加可能なオンラインFPSを開発している事を明らかにしました。コンセプトを示すトレイラーも公開されています。グラフィックやアニメーションのクオリティはともかくとして、PikkoTekkは1,000人でのプレイを可能にするサーバーシステムの構築に力を入れているようです。


詳しい技術についてはこちらのPDFにて解説されています。ゲームに参加するプレイヤーはまず“Pikkoサーバー”に接続して認証を行い、その後ゲームロジックや物理演算を行う“セルサーバー”に接続します。

セルサーバーは携帯電話の基地局のように複数用意されており、それぞれが1つの大きな仮想世界の一部分を担っています。そしてプレイヤーは複数のセルサーバー間をシームレスに移動できるのだそうです(内部的にはセルサーバー間の移動をPikkoサーバーに伝え、プレイヤーに分からないよう切り替え処理を行う)。

ゲーム技術が進化したとはいえ、現在流通するFPSでのオンラインプレイ最大人数は平均して24〜32人、多くても256人が限度。それが1,000人でプレイ可能となると夢も膨らみますね。現在PikkoTekkは1,000人FPSで世界記録を達成するためのイベント実施を目指して開発に励んでいるとの事。今後の続報にも期待しましょう。
(ソース: Rock, Paper, Shotgun, ビデオ: Vimeo)


【関連記事】
『Battlefield 3』のマルチプレイヤーは技術的には256人まで対応可能−DICE
Bungie: MMOファーストパーソンシューター開発中の話は“ジョーク”
SOEのスパイアクションMMO『Agency』は2011年後半にリリース
PlayStation Moveに対応した『MAG』ゲームプレイ映像
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC自作シム『PC Building Simulator』がNZXTと提携!―同社実在パーツを利用可能に

    PC自作シム『PC Building Simulator』がNZXTと提携!―同社実在パーツを利用可能に

  2. 『Destiny 2』PC版オープンベータトレイラー!フレームレート制限なし4K解像度にも対応

    『Destiny 2』PC版オープンベータトレイラー!フレームレート制限なし4K解像度にも対応

  3. サイバーパンクホラーADV『Observer』リリース!―日本語は後のアップデートで追加に

    サイバーパンクホラーADV『Observer』リリース!―日本語は後のアップデートで追加に

  4. 『Papers, Please』開発者新作『Return of the Obra Dinn』新情報!

  5. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』第15弾アップデート&新DLC『リーチの双角』が配信!

  6. インタラクティブムービー『ナイトトラップ』のリマスター版が海外PS4/Steamで配信開始!

  7. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  8. 『PUBG』開発元、テンセントからの投資の噂を否定

  9. 『レインボーシックス シージ』拡張「Blood Orchid」新マップは香港のテーマパーク

  10. VRスペースコンバット『EVE: Valkyrie』VR環境以外もサポートへ―次期大型アップデートより

アクセスランキングをもっと見る

page top