スウェーデンのネットワーク技術会社が1,000人対応のオンラインFPSを開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スウェーデンのネットワーク技術会社が1,000人対応のオンラインFPSを開発中

PC Windows


スウェーデンのネットワーク技術会社PikkoTekkは、1,000人のプレイヤーが参加可能なオンラインFPSを開発している事を明らかにしました。コンセプトを示すトレイラーも公開されています。グラフィックやアニメーションのクオリティはともかくとして、PikkoTekkは1,000人でのプレイを可能にするサーバーシステムの構築に力を入れているようです。


詳しい技術についてはこちらのPDFにて解説されています。ゲームに参加するプレイヤーはまず“Pikkoサーバー”に接続して認証を行い、その後ゲームロジックや物理演算を行う“セルサーバー”に接続します。

セルサーバーは携帯電話の基地局のように複数用意されており、それぞれが1つの大きな仮想世界の一部分を担っています。そしてプレイヤーは複数のセルサーバー間をシームレスに移動できるのだそうです(内部的にはセルサーバー間の移動をPikkoサーバーに伝え、プレイヤーに分からないよう切り替え処理を行う)。

ゲーム技術が進化したとはいえ、現在流通するFPSでのオンラインプレイ最大人数は平均して24〜32人、多くても256人が限度。それが1,000人でプレイ可能となると夢も膨らみますね。現在PikkoTekkは1,000人FPSで世界記録を達成するためのイベント実施を目指して開発に励んでいるとの事。今後の続報にも期待しましょう。
(ソース: Rock, Paper, Shotgun, ビデオ: Vimeo)


【関連記事】
『Battlefield 3』のマルチプレイヤーは技術的には256人まで対応可能−DICE
Bungie: MMOファーストパーソンシューター開発中の話は“ジョーク”
SOEのスパイアクションMMO『Agency』は2011年後半にリリース
PlayStation Moveに対応した『MAG』ゲームプレイ映像
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 攻城兵器シム『Besiege』にマップエディタ&マルチプレイ実装!自作兵器同士のデスマッチが実現

    攻城兵器シム『Besiege』にマップエディタ&マルチプレイ実装!自作兵器同士のデスマッチが実現

  2. 隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声

    隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声

  3. 『PUBG』PC版3次テストサーバーがオープン!―開発チームからお礼のメッセージも

    『PUBG』PC版3次テストサーバーがオープン!―開発チームからお礼のメッセージも

  4. ゾンビFPSゲーム『Overkill's The Walking Dead』間もなく新情報公開に!

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

  7. 『PUBG』PC版正式リリースは12月20日に決定!―テストサーバーも12月8日よりスタート

  8. 北朝鮮vsアメリカFPS『Homefront』Steam版、期間限定でHumbleストアにて無料配信中!

  9. 週末セール情報ひとまとめ『仁王』『Assassin's Creed Origins』『Cuphead』『Destiny2』『HOMEFRONT』他

  10. 釜男が山登る『Getting Over It with Bennett Foddy』配信―不自由なハンマーだけが友達さ

アクセスランキングをもっと見る

page top