新たな有料サービス『Call of Duty Elite』の初ディテール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新たな有料サービス『Call of Duty Elite』の初ディテール

PC Windows



Wall Street Journalの記事に、Call of Dutyフランチャイズの新たなオンラインサービスとなるCall of Duty Eliteのディテールが掲載されました。本サービスは、Activisionが設立した新スタジオBreachheadが開発を担当しており、過去の噂通り有料のサービスとなるようです。

以下WSJの記事から分かった情報をまとめました。

■シリーズ最新作Call of Duty: Modern Warfare 3の発売(11月8日)と同時にサービスを立ち上げる。

■サービスは月額課金制になる予定で、ゲームディスク本編や追加マップパックとは別のコンテンツが提供される。

■利用料金はまだ決まっていないものの、7.99ドル/月のNetflixなど他のオンライン娯楽サービスよりも安くなることが予想される。

■Facebookに影響を受けたコミュニティー機能などサービスの一部は無料で利用できる。

■株式売買のサイトをモデルとしたプレイヤーのスタティスティクス機能。敵を倒すのに最も使用した武器は何かなど統計データがゲージで表示され、プレイヤーのパフォーマンスを分析してくれる。

■Xbox 360版のユーザーはXbox LIVEの利用料金とは別で本サービスへの課金が必要。

■通常のオンライン対戦はこれまで通り無料で(Xbox LIVEの料金のみで)利用できる。
Call of Duty Eliteの更なる詳細は来週開催のE3 2011で発表予定とのこと。また海外ゲームサイトでも間もなく情報が解禁される模様です。(ソース&イメージ: WSJ.com)

※UPDATE: 動画サイトにてCall of Duty Eliteのトレイラーがリークしました。こちらの記事よりご覧ください。


【関連記事】
『Call of Duty』の新たなオンラインプラットフォームが今秋導入
Activision、『Call of Duty』関連の新スタジオBeachheadを設立
噂: 『Call of Duty』の有料メンバーシッププランが計画中
Activision社長: 『Call of Duty』の有料オンラインサービスを明日にでも始めたい
『Modern Warfare 3』のスクリーンショットとプレビュー情報が解禁!
Activision: 『Modern Warfare 3』は最も進化したマルチプレイを搭載
大迫力の戦闘!『Modern Warfare 3』のゲームプレイトレイラーが初公開
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top