Epic: Unreal Engine 3技術デモ“Samaritan”はプレイアブル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic: Unreal Engine 3技術デモ“Samaritan”はプレイアブル

話題を呼んだUnreal Engine 3の技術デモ映像“Samaritan”は、CGでは無くリアルタイム映像である事が伝えられていましたが、実はプレイ可能なデモとしても公開されていた事がEpicより明らかにされました。

ニュース 最新ニュース

3月に行われたGame Developer Conference 2011にて、Frostbite 2.0CryEngine 3などと共に、次世代のゲームエンジン能力を披露したUnreal Engine 3。その際に公開され話題を呼んだ技術デモ映像“Samaritan”は、CGでは無くリアルタイム映像である事が伝えられていましたが、実はプレイ可能なデモとしても公開されていた事がEpicより明らかにされました。

Epicによれば、デモは12人のメンバーによって3ヶ月間で制作されており、カットシーンでも見られた脅威的な描写能力は、UE3エンジンのDirect X-11サポートによるものだとのこと。デモ内にはキャラクターやアニメーションが用意されていたそうですが、ゲームプレイが殆ど無いシネマティックな体験のデモであった事が、シニアテクニカルアーティストのAlan Willard氏より明らかにされています。

なお残念ながら完全なゲームとして開発する計画は今の所無いそうですが、今年5月には次世代機のUnreal Engine 4であればフルゲーム化は可能であるとの発言もありました。
(ソース: CVG via VG247 イメージ: IGN)


【関連記事】
GDC 11: Unreal Engine 3の最新技術デモ映像が動画サイトに掲載
GDC 11: 『Unreal Engine 3』がDirectX 11に対応、Epicのブースではデモも披露
GDC 11: 新技術SRAAを採用した『Battlefield 3』最新スクリーンショット
GDC 11: 『CryEngine 3』の最新テクノロジーデモ映像が公開
『Battlefield 3』で採用される“Frostbite 2”エンジン実演映像
《tobiuo》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. 祝!Sucker Punch25周年―GuerrillaやNaughty Dog、フィル・スペンサー氏からお祝いコメント

  6. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  9. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  10. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top