SCE吉田氏、『トリコ』の開発状況やポリフォニー次回作に言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE吉田氏、『トリコ』の開発状況やポリフォニー次回作に言及

家庭用ゲーム PS3

当初年内リリース予定だったのが、今年4月に発売延期が発表、現在は発売日未定のステータスとなっている『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)』。本作の開発状況に関して、SCEワールドワイドスタジオの社長である吉田修平氏がコメントしました。

VG247のインタビューで氏が明かしたところによると、ソニーが期待していたほど開発が早く進んでいないことから、Team ICOは進展という面で非常に厳しい立場にあり、大きなプレッシャーに中にいるとのこと。そうした中でも確かに進歩はあるため、ソニーとしても開発のサポートを続け、将来良いニュースが入るのを待ち続けたいそうです。

また吉田氏は、『グランツーリスモ』シリーズの続報はないかとの質問を受け、開発元のポリフォニー・デジタルにも言及。同スタジオは現在も『グランツーリスモ5』のアップデートを続ける一方で、次期プロジェクトのデザインやコンセプトの制作段階に入っていると報告。しかしその作業には数年を要するだろうと話しています。

『人喰いの大鷲トリコ』に関しては、来月開催される東京ゲームショウで発売日などの続報が届くのか、ファンの注目が集まります。(ソース: VG247)


【関連記事】
『ICO/ワンダと巨像』HDリメイクには『トリコ』の独占映像を収録
『人喰いの大鷲トリコ』と『ICO/ワンダHDコレクション』の発売が延期に
デモの配信も検討中?『人喰いの大鷲トリコ』最新スクリーンショット
PSM3最新号に『人喰いの大鷲トリコ』のハンズオンプレビューが掲載
山内氏: 『グランツーリスモ5』のアップデートを準備中
山内氏: 『グランツーリスモ6』を今世代中に発売できるかは未定
《Rio Tani》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

    『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

  2. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  3. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

    『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  4. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  5. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  6. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  7. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  8. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  9. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  10. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

アクセスランキングをもっと見る

page top