名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る

セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつ、また同シリーズの今後について語っています。

家庭用ゲーム PS3
セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつを語っています。第一作『龍が如く』は2005年にPS2で発売。その後正統シリーズ作はPS3に舞台を移しています。
“プロジェクトの初期段階に、我々はソニーとマイクロソフトを含む、全てのプラットフォーム・ホルダーに話をしました。多くのプラットフォーム・ホルダーはこのプロジェクトに否定的でしたが、我々はこの企画の可能性を信じていたので、プッシュし続けました。その結果、興味を示してくれ、この作品を見込んでくれたのがソニーでした。それがソニーと恊働を始めた経緯であり、それはおそらく変わりそうにありません。”

現在は『BINARY DOMAIN(バイナリードメイン)』に注力する名越氏。『龍が如く』シリーズの今後については明言を避けたものの、最新作『龍が如く OF THE END』に触れ、その可能性をコメントしています。
“基本的なスタイルとシステムは、PS2で始まった本当に古いゲームのものです。それはPS3でも続きました。時代は変わり続けます。もし我々が新しいゲームに取りかかるなら、それは全く異なる形のものになるでしょう。そういうわけで、最近のゲーム(OF THE END)は、ひとつの時代の終わり(THE END OF ERA)でした。”

名越氏にとっての「新たなる挑戦」となる“ドラマティックアクション”『BINARY DOMAIN』は、PlayStation 3、Xbox 360で2012年2月発売予定です。(ソース: Eurogamer: Yakuza unlikely on Xbox 360)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Plus」2月提供の4タイトル発表!『マフィア コンプリート・エディション』『SAO アリシゼーション リコリス』など

    「PS Plus」2月提供の4タイトル発表!『マフィア コンプリート・エディション』『SAO アリシゼーション リコリス』など

  2. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

    受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

  3. PS5からDiscord参加も可能に!PS5システムソフトウェアのベータ版配信ー1440p解像度でのVRR対応など新機能追加

    PS5からDiscord参加も可能に!PS5システムソフトウェアのベータ版配信ー1440p解像度でのVRR対応など新機能追加

  4. 『ポケモンSV』ペパー先輩とのバトルに“違和感”を覚えるトレーナーたち―実は「ボールの持ち方」に意外な違いあり

  5. PS5が起動しなくなる不具合について『サムライメイデン』との因果関係は認められず―1カ月以上の調査の結果

  6. 『デビル メイ クライ 5』や『ライフ イズ ストレンジ』が登場!2023年1月版「PS Plus」ゲームカタログ配信タイトルが公開

  7. 『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』が販売本数1,100万本を達成!クレイトスもうれしそうにハートマークをキメる

  8. 『Dead by Daylight』「スポーツマンシップにそぐわない行動」へのBAN期間が変更へ

  9. 裏庭サバイバル『Grounded』次回アップデート情報公開―インベントリ拡張や新たな建設メニュー追加など

  10. 『天穗のサクナヒメ』発売2周年を祝して開発者がコメント―続編作るなら本業農家さんのガチ監修入れたい

アクセスランキングをもっと見る

page top