名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る

セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつ、また同シリーズの今後について語っています。

家庭用ゲーム PS3
セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつを語っています。第一作『龍が如く』は2005年にPS2で発売。その後正統シリーズ作はPS3に舞台を移しています。
“プロジェクトの初期段階に、我々はソニーとマイクロソフトを含む、全てのプラットフォーム・ホルダーに話をしました。多くのプラットフォーム・ホルダーはこのプロジェクトに否定的でしたが、我々はこの企画の可能性を信じていたので、プッシュし続けました。その結果、興味を示してくれ、この作品を見込んでくれたのがソニーでした。それがソニーと恊働を始めた経緯であり、それはおそらく変わりそうにありません。”

現在は『BINARY DOMAIN(バイナリードメイン)』に注力する名越氏。『龍が如く』シリーズの今後については明言を避けたものの、最新作『龍が如く OF THE END』に触れ、その可能性をコメントしています。
“基本的なスタイルとシステムは、PS2で始まった本当に古いゲームのものです。それはPS3でも続きました。時代は変わり続けます。もし我々が新しいゲームに取りかかるなら、それは全く異なる形のものになるでしょう。そういうわけで、最近のゲーム(OF THE END)は、ひとつの時代の終わり(THE END OF ERA)でした。”

名越氏にとっての「新たなる挑戦」となる“ドラマティックアクション”『BINARY DOMAIN』は、PlayStation 3、Xbox 360で2012年2月発売予定です。(ソース: Eurogamer: Yakuza unlikely on Xbox 360)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『DEATH STRANDING 2(仮題)』コジプロからも正式発表―既存キャストに加え忽那汐里さん等も起用

    『DEATH STRANDING 2(仮題)』コジプロからも正式発表―既存キャストに加え忽那汐里さん等も起用

  2. スクエニ新作『FF16』の最新トレイラーが公開!2023年6月22日に発売決定【TGA2022】

    スクエニ新作『FF16』の最新トレイラーが公開!2023年6月22日に発売決定【TGA2022】

  3. 『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース

    『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース

  4. 『FF16』コレクターズエディションの「フェニックス VS イフリート」フィギュアが最高にカッコいい!発売日は2023年6月22日

  5. 『ファイアーエムブレム エンゲージ』エキスパンションパスが発表!2023年にはさらに3種の追加コンテンツも【TGA2022】【UPDATE】

  6. 『Horizon Forbidden West』DLC「Burning Shores」PS5向けに発表―2023年4月19日配信予定【TGA2022】

  7. ベヨネッタの過去を描く絵画タッチのアクションADV『ベヨネッタ オリジンズ: セレッサと迷子の悪魔』発表!スイッチ向けに3月17日発売【TGA2022】【UPDATE】

  8. 『STAR WARS ジェダイ:サバイバー』発売日が正式に発表!現地時間3月17日【TGA2022】

  9. 『スプラトゥーン3』ビッグランでは報酬にボーナスが!カタログポイントは1.2倍、カプセル獲得量も増加

  10. クラッシュでMOBA!?オールスターな対戦ACT『Crash Team Rumble』発表【TGA2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top