名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名越稔洋氏、『龍が如く』のPS機種発売のいきさつ、シリーズの今後を語る

セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつ、また同シリーズの今後について語っています。

家庭用ゲーム PS3
セガから発売の『龍が如く』シリーズを手がける名越稔洋氏が海外サイトのインタビューに応え、『龍が如く』シリーズの発売プラットフォーム決定に関するいきさつを語っています。第一作『龍が如く』は2005年にPS2で発売。その後正統シリーズ作はPS3に舞台を移しています。
“プロジェクトの初期段階に、我々はソニーとマイクロソフトを含む、全てのプラットフォーム・ホルダーに話をしました。多くのプラットフォーム・ホルダーはこのプロジェクトに否定的でしたが、我々はこの企画の可能性を信じていたので、プッシュし続けました。その結果、興味を示してくれ、この作品を見込んでくれたのがソニーでした。それがソニーと恊働を始めた経緯であり、それはおそらく変わりそうにありません。”

現在は『BINARY DOMAIN(バイナリードメイン)』に注力する名越氏。『龍が如く』シリーズの今後については明言を避けたものの、最新作『龍が如く OF THE END』に触れ、その可能性をコメントしています。
“基本的なスタイルとシステムは、PS2で始まった本当に古いゲームのものです。それはPS3でも続きました。時代は変わり続けます。もし我々が新しいゲームに取りかかるなら、それは全く異なる形のものになるでしょう。そういうわけで、最近のゲーム(OF THE END)は、ひとつの時代の終わり(THE END OF ERA)でした。”

名越氏にとっての「新たなる挑戦」となる“ドラマティックアクション”『BINARY DOMAIN』は、PlayStation 3、Xbox 360で2012年2月発売予定です。(ソース: Eurogamer: Yakuza unlikely on Xbox 360)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

    『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  5. 高評価サイバーパンクACT『RUINER』のニンテンドースイッチ版がまもなく登場!

  6. 『侍道外伝 KATANAKAMI』シリーズお馴染みの「先生」も登場決定!謎のフロアや新キャラクターなど、発売開始に伴い新情報が一挙公開

  7. デッドプールも登場!『フォートナイト』チャプター2―シーズン2がついに開始ースパイたちに占領された島の運命はあなたの手に

  8. 『あつまれ どうぶつの森』Directで発表された最新情報まとめ―お馴染みのマイホームや住民たちがプレイヤーを待つ!もちろんローン返済も…

  9. 『鉄拳7』全世界販売数500万本突破!登場キャラ大集合の記念イラスト公開―中には原田勝弘氏の姿も?

  10. サバイバルホラーACT『デイメア:1998』日本語版がPS4/PC向けに発売!限られた弾薬で恐怖と向き合え

アクセスランキングをもっと見る

page top