『Torchlight II』の価格が20ドルに決定!4番目のクラスも発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Torchlight II』の価格が20ドルに決定!4番目のクラスも発表

デベロッパーのRunic Gamesは、本日よりシアトルでスタートしたPenny Arcade Expo 2011(PAX 2011)において、同社の新作ダンジョンアクションRPG続編『Torchlight II』の販売価格が19.99ドルに決まったことを発表しました。

PC Windows
最新の開発者コメンタリー/ゲームプレイも


デベロッパーのRunic Gamesは、本日よりシアトルでスタートしたPenny Arcade Expo 2011(PAX 2011)において、同社のPC用新作ダンジョンアクションRPG続編『Torchlight II』の販売価格が19.99ドルに決まったことを発表しました。

既存のオフラインシングルプレイに加えて、待望のオンライン/LANマルチプレイが可能になる今作、RunicのCEO Max Schaefer氏は19.99ドルという価格設定に関して、誰もが気軽に払えるような手頃なものにしたかった、と説明。追加の課金などが発生しないことも明らかにしています。

また、既に発表されていた「Engineer」、「Outlander」、「Berserker」に続く4番目のプレイアブルクラス「Embermage」の存在が正式に発表。遠距離から魔法を使って戦うRanged/Caster系のクラスとなるそうです。



『Torchlight II』は現在のところPC向けに2011年のリリースを計画。PC版発売後にはMac版も登場予定です。(ソース: プレスリリース)


【関連記事】
Runic: 『Torchlight II』はXBLAのメモリ制限に対して大きすぎる
『Torchlight』の全機種累計セールスが100万本を突破
E3 11: アクションRPG最新作『Torchlight 2』最新トレイラー&スクリーンショット
XBLA版『Torchlight』がRunic Gamesの最高セールスを記録
『Torchlight』国内配信中止の理由が明らかに。Microsoftから謝罪も
XBLA『Torchlight』日本語版の配信が中止に
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

    『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  3. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

    最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  4. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  5. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』第4弾アプデ配信!イヴェルカーナら追加、バランス調整含む「パッチノート」も公開

  7. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  8. 日本語吹き替え対応か?ハリポタRPG『ホグワーツ・レガシー』Steam版の対応言語表に記載が

  9. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top