噂: Xbox 360のフル3D立体視対応パッチがまもなく配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Xbox 360のフル3D立体視対応パッチがまもなく配信

以前より噂となっていたXbox 360のフル3D立体視対応ですが、海外サイトmsxbox worldは今後数日以内にフル3D立体視対応パッチが配信されると伝えています。公式発表はされていないため現段階では噂扱い。

家庭用ゲーム Xbox360

以前より噂となっていたXbox 360のフル3D立体視対応ですが、海外サイトmsxbox worldは今後数日以内にフル3D立体視対応パッチが配信されると伝えています。

公式発表はされていないため現段階では噂扱いですが、同サイトは3D立体視の切り替えメニュー画面を収めた写真も公開しています。3D立体視はオプションとしてテレビサイズを自動で検知する他に、サイズの手動入力を可能にする設定も用意されているそうです。

現在は『Gears of War 3』、『Batman Arkham City』、『Halo: Combat Evolved Anniversary』が3D立体視への対応を明らかにしていますが、Xbox 360の正式対応により今後3D立体視対応のゲームが増えていくかも知れませんね。

なお3D立体視切り替えメニューには“Enable 3D to use stereoscopic 3D in games and experiences that support it.”と書かれている事から、近い将来SKYやNetflicksで3D映画が配信されるかも知れないとも予想されています。
(ソース&イメージ: msxbox world)


【関連記事】
新規マップと3D立体視!Halo Festで公開された『Halo: CEA』最新情報&動画
Epic Games、『Gears of War 3』の3D立体視対応を発表
噂: Xbox 360がフル3D立体視に対応、E3で発表の可能性
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  3. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  4. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  5. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top