800人以上が“つまらない”『Modern Warfare 3』海外ユーザーレビューが炎上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

800人以上が“つまらない”『Modern Warfare 3』海外ユーザーレビューが炎上

PC Windows

ついに海外で発売が開始され、各媒体のレビューでも高得点を連発しているなど、順風満帆な雰囲気を感じさせる『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、海外のレビュー集積サイトMetacriticでは、ユーザー平均スコアが軒並み2/10前後という非常に低い得点を記録。いわゆる“炎上”している様な状況となってしまっているようです。

2011年9月1日現時点での各機種版ユーザー平均スコアを見ていくと、PC版1.4/10(レビュー数126)、PS3版2.1/10(レビュー数338)、Xbox 360版2.6/10(レビュー数948)。単純に計算してみると、約1300人の一般レビュアーの内、「『Modern Warfare 3』は面白くない」としたユーザーが過半数を超える800人以上にも及ぶ結果となってしまっています。レビューでは、「使いまわしだ」「金の亡者だ」と、本日もお伝えした様な、ゲーム内の各コンテンツが過去作と類似しているという点に批判が殺到しているようです。

ただし0点をつけている様な過激なユーザーを調べていくと、『Battlefield 3』には10/10スコアをつけているレビュアーや、別の機種で発売された他ゲームには満点をつけている“ファンボーイ”と見られるユーザーも多く存在している点は留意しておきたいところ。真面目な低評価レビューも存在している一方で、様々なゲーマーの“歪んだ愛情”も入り乱れてしまっており、異種格闘技戦の様な状況となってしまっているのが今回の炎上の実情のようです。『Call of Duty』シリーズ最新作という注目作ゆえの宿命とも言えそうですが、どれだけ酷いレビューが並べられても、自身が購入する際には対岸の火事とでも考えておいた方が良いかもしれません。
(ソース: CVG)


【関連記事】
『Modern Warfare 3』に『Call of Duty 4』と同じ見た目の建物が…
海外レビュー速報: 『Call of Duty: Modern Warfare 3』
『Call of Duty Elite』が海外Xbox LIVEで提供開始
初レビューも!『Modern Warfare 3』が世界各国で盛大なローンチ
Now Playing!『Call of Duty: Modern Warfare 3』マルチプレイ対戦の実況プレイ
《tobiuo》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top