海外開発の同人作品『Katawa Shoujo』が完成、英語版が無償リリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外開発の同人作品『Katawa Shoujo』が完成、英語版が無償リリース

Four Leaf Studiosは、同人ゲーム『かたわ少女』完全版の英語バージョンを無償でリリースしたと発表しました。同人作品でありながら海外向けに先行リリースされ、その特異なゲーム内容からも、多くの海外ゲームサイトで取り上げられて話題を呼んでいるようです。

PC Windows

デベロッパーのFour Leaf Studiosは、2012年1月4日に、PC/Mac/Linux用の同人ゲーム『Katawa Shoujo(かたわ少女)』完全版の英語バージョン(レーティングは18+)を無償でリリースしたと発表しました。

『Katawa Shoujo』は、主人公やヒロインをはじめ大部分の登場人物が身体障害者という設定を用意したビジュアルノベルで、遡ること2000年頃に海外画像掲示板4chanに投稿された一枚のコンセプトイメージをゲーム化すべく、世界各国から集まった開発者や有志が約5年の歳月をかけて制作を行い、遂に正規版が完成。

2010年には日本語の体験版も配信されている本作ですが、今回完成したのは海外向けの英語版のみで、今後数名の日本語訳チームが翻訳作業に当たるとのこと。但し翻訳完了までは相応の時間を要する見込みであると告知されています。

日本を舞台にした同人作品でありながら海外向けにリリースされ、その特異なゲーム内容からも、多くの海外ゲームサイトで取り上げられて注目を集めている様子。尚、開発元のFour Leaf Studiosは、『Katawa Shoujo』のためだけに集まったボランティアの集団で、今後新たなゲームは制作しないということです。(ソース: かたわ少女開発者ブログ via Destructoid)


【関連記事】
日本の同人ソフト『フォーチュンサモナーズ』が海外でローカライズ
日本の同人シューティング『Acceleration of SUGURI X-Edition』が北米PSNで配信開始
日本の同人ソフト『ルセッティア』がSteamで10万本以上を販売
日本の同人シューティング『Gundemonium Collection』が北米PSNに登場
ドイツの大学でKinectを用いた視覚障害者向けの補助装置が制作中
ゲーム産業が「バリアフリー」を無視し続ければ年30億ドルの損失に―米国の調査結果
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』新レジェンド「ホライゾン」紹介トレイラー公開―シーズン7新マップ「Olympus」も発表

    『Apex Legends』新レジェンド「ホライゾン」紹介トレイラー公開―シーズン7新マップ「Olympus」も発表

  2. 早期アクセス開始迫るネオレトロFPS『Prodeus』日本語にも対応することを明らかに

    早期アクセス開始迫るネオレトロFPS『Prodeus』日本語にも対応することを明らかに

  3. 『アサシン クリード ヴァルハラ』の日本語声優発表や気になる規制情報も…UBIDAY ONLINE新情報ひとまとめ

    『アサシン クリード ヴァルハラ』の日本語声優発表や気になる規制情報も…UBIDAY ONLINE新情報ひとまとめ

  4. Steam版『Apex Legends』が11月4日に配信決定!―待望のシーズン7も同日開始

  5. PC版『Detroit: Become Human』コレクターズエディション、日本Amazonでの予約開始!発売は10月29日に

  6. Sci-Fi RPG『アウター・ワールド』のSteam版が配信開始! 50%オフセールも実施

  7. 「GeForce RTX 3080 GAMING X TRIO 10G」使用レポ!静音性と高性能を両立する最新グラボに迫る

  8. 人類史を紡ぐ4Xストラテジー『HUMANKIND』2021年4月に発売決定―予約購入受付が開始

  9. 『Apex Legends』シーズン6バトルパス終了日が変更―シーズン7開始が一週間前倒しに?

  10. 協力ホラーADV『Phasmophobia』待機ロビー内に「怪異」が発生する恐怖のハッキング被害が相次ぐ

アクセスランキングをもっと見る

page top