Blizzard、『Diablo III』のコンソール版開発に再び言及【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzard、『Diablo III』のコンソール版開発に再び言及【UPDATE】

PC Windows

専門の開発者を募集するなど以前からBlizzardが動きを見せていた『Diablo III』のコンソール版ですが、コミュニティーマネージャー“Bashiok”ことMicah Whipple氏によって開発が公式に確認されたようです。

対応プラットフォーム、発売時期、移植内容など詳細は一切不明ですが、同氏いわくコンソール版『Diablo』プロジェクトは、Relic Entertainmentで『Company of Heroes』などを手掛けた経歴を持つJosh Mosqueira氏がリードデザイナーを担当しているとのこと。

尚、Blizzardは『Diablo III』の移植に関して、2012年初頭に予定されているPCとMac版のリリースが最優先であると過去に伝えています。(ソース: Twitter /@Bashiok via Eurogamer)

※UPDATE (2011/1/11 13:00): Micah Whipple氏はその後Tweetで「公式発表のつもりはなかった」と発言、コンソール版はまだ模索中の段階で、PC/Macバージョンの開発がより重要であると補足しています。それに伴い本記事の題名も若干訂正しました。


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
Blizzard、『Diablo III』の2月上旬リリース報道を否定
『Diablo III』は完成間近!シリーズ生誕15周年の記念ページが登場
VGA 11: デッカード・ケインの運命は…『Diablo III』最新シネマティックトレイラー
『Diablo III』の最新シネマティックトレイラーや豪華限定版が公開
Blizzardの『Diablo』チームがPlayStation 3の開発者を募集
Blizzardが『Diablo III』のコンソール向け開発者を募集中
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ベトナム戦争FPS『Rising Storm 2』が日本語対応! 新コンテンツや脊椎ヒットゾーン追加も

    ベトナム戦争FPS『Rising Storm 2』が日本語対応! 新コンテンツや脊椎ヒットゾーン追加も

  2. SF風味な架空スポーツゲーム『Laser League』5月10日から正式リリース、新DLCも発表

    SF風味な架空スポーツゲーム『Laser League』5月10日から正式リリース、新DLCも発表

  3. Razerから2chスピーカー「Nommo」「Nommo Chroma」2種が発売

    Razerから2chスピーカー「Nommo」「Nommo Chroma」2種が発売

  4. PCリマスター版『バレットウィッチ』配信開始! 現代に蘇る太もも…ではなくて魔女を見よ

  5. 火星を目指す19世紀宇宙旅『39 Days to Mars』配信開始! 協力型パズルアドベンチャー

  6. カリブ海賊RPG『Blood & Gold: Caribbean!』が配信開始―『M&B: Warband』のエンジン使用

  7. Steamページに日本語対応表記!『シャイニング・レゾナンス リフレイン』海外版発売日決定

  8. 『PUBG』テストサーバーでマップ選択追加や武器バランス大幅調整アップデート実施!

  9. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  10. PC自作シム『PC Building Simulator』販売数10万本突破!―最強自作パソコンがデジタルで作り放題

アクセスランキングをもっと見る

page top