Bethesdaがid Software従業員をレイオフ、将来的なタイトルには影響無し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bethesdaがid Software従業員をレイオフ、将来的なタイトルには影響無し

十数年振りの新規IPとして昨年10月発売の『Rage』を手掛けたid Softwareですが、親会社であるBethesda Softworksが同社にてレイオフを行った事が、Ubisoft Torontoのレベルデザインなどで活躍するAdama Bromell氏より明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
十数年振りの新規IPとして昨年10月発売の『Rage』を手掛けたid Softwareですが、親会社であるBethesda Softworksが同社にてレイオフを行った事が、Ubisoft Torontoのレベルデザインなどで活躍するAdama Bromell氏より明らかにされました。

レイオフされた規模や詳細な理由などは不明ですが、Bethesdaが海外サイトJoystiqに対し述べたところによれば、id Softwareは定期的に従業員の審査を行なっており、今回のレイオフもそのプロセスの一環として行われた“一般的なビジネス習慣の一部”であるとのこと。

昨年『Rage』の評価がやや伸び悩んだ事もあり、idやシューターのファンなどは『Doom 4』の先行きに不安を抱いてしまいそうですが、Bethesdaによればid Softwareは現在も新規開発者の雇用と将来的なタイトルの開発を続けているということで、ひとまずは安心してよさそうです。
(ソース: Joystiq)


【関連記事】
John Carmack氏、『DOOM 3』のソースコードが公開間近である事を明かす
Bethesda、『Doom 4』無期限延期の噂を否定「全くのでたらめ」
id Softwareの名作をテーマにした隠し部屋を『Rage』で発見!
海外レビューハイスコア 『RAGE』
【PR】実は上質の洋風幕の内弁当だった!大作FPS『RAGE』プレイレポ
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

    三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  4. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  5. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  6. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  7. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

アクセスランキングをもっと見る

1
page top