噂: THQが2014年の新作発売を中止、アジア企業に買収を打診【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: THQが2014年の新作発売を中止、アジア企業に買収を打診【UPDATE】

ある業界関係者が漏らした噂によると、米国の大手パブリッシャーTHQが、自社を売却する目的で2014年発売予定の新作ゲームを全て中止したそうです。これはIGDA Mobileの代表者Kevin Dent氏が週末にTweetしたインサイダー情報。

ニュース 最新ニュース
ある業界関係者が漏らした新たな噂によると、米国の大手パブリッシャーTHQが、自社を売却する目的で2014年発売予定の新作ゲームを全て中止したそうです。

これはIGDA Mobileの代表者Kevin Dent氏が週末にTweetしたインサイダー情報で、THQは新作MMO『Warhammer 40,000: Dark Millenium Online』を含む、2014年発売予定だった新作ラインナップの開発を全てキャンセル、関連IPをライセンス元に返却するなどして、あるアジア企業に自社の売却を持ちかけているのだとか。

THQは、年内の発売が期待される『Darksiders 2』や『Metro: Last Light』を筆頭に、板垣伴信氏の『Devil's Third』、Crytekと共同開発の『Homefront 2』、Obsidian開発のRPG『South Park: The Game』、ギレルモ・デル・トロ監督制作の『inSane』トリロジー等のメジャータイトルを準備中ですが、これら新作への影響は不明。

尚、THQはGame Informerの問い合わせに対し、2014年新作発売中止の話は全く聞いていないと噂を否定したということです。(ソース: Twitter @TheKevinDent via Game Informer)

※UPDATE (2011/1/16): この噂に対してTHQより公式声明が発表されました。


【関連記事】
THQが“非常にエキサイティングな新作”を今月中に発表
THQとObsidianから『サウスパーク』の完全RPGが発表、GI誌でカバー特集!
THQ幹部が『Saints Row 4』に言及、『Third』よりも更に過激に
EAのOriginにサードパーティーパブリッシャーが参入へ
『Warhammer 40K: Space Marine』のオンラインCo-op無料DLCが発表!
THQ、Crytekと共同で『Homefront』の最新作を開発へ
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  2. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  5. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  10. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top