PS Vita 3Gモデルの製造コストは推定1万2千円? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS Vita 3Gモデルの製造コストは推定1万2千円?

海外サイトUBM Tech InsightsのJeffrey Brown氏がPlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデルを分解してパーツを分析した結果、製造コストの推定値が、およそ160ドル(約12000円)だということが分かりました。

ニュース
海外サイトUBM Tech InsightsのJeffrey Brown氏がPlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデルを分解してパーツを分析した結果、製造コストの推定値が、およそ160ドル(約1,2000円)だということが分かりました。

 ■ディスプレイとタッチスクリーン:50ドル

 ■バッテリー:3.60ドル

 ■カメラ:3.50ドル

 ■Wi-Fi/BT/GPS:3.50ドル

 ■NAND:6.00ドル

 ■SDRAM:9.25ドル

 ■プロセッサ:16.00ドル

 ■BB + XCR:16.25ドル

 ■非電子部品:11.00ドル

 ■その他:30.00ドル

 ■マニュアル:10.00ドル

 合計 159.1ドル(約1,2300円)

また、基準として、ニンテンドー3DSが挙げられており、そちらの製造コストは101ドル(約7700円)と推定されています。尚、今回の解析はあくまで部品代のみの計算であり、原価が違っている可能性もあります。
(ソース: IGN via Europe Gamer)

【関連記事】NetherRealmのEd Boon氏がPS Vita版『Mortal Kombat』の詳細を明らかに
Zipperファン注目、PS Vita『Unit 13』のCam撮りCo-opウォークスルーが公開
PS Vita版『Mortal Kombat』が発表! 発売は2012年春
PS Vitaシステムソフトウェア“バージョン1.52”アップデート開始
CES 12: タッチや傾きセンサーも。PS Vita版『LittleBigPlanet』直撮りプレイ動画 《FURUKAWA》

ニュース アクセスランキング

  1. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

    『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  2. 『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

    『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

  3. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

    『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  4. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  5. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  6. 『ヴァンブレイス:コールドソウル』開発インタビュー!未経験から始まったスタジオの軌跡【TGS2019】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 台湾産の現代アニメ風爽快ACT『Dusk Diver 酉閃町』プレイレポ!台湾探索と爽快アクションが絶妙【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top