Team NINJA早矢仕氏: 『DOA5』では本物の女性を描きたい | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Team NINJA早矢仕氏: 『DOA5』では本物の女性を描きたい

シリーズ最新作『Ninja Gaiden 3』と『DEAD OR ALIVE 5』の開発にあたるTeam NINJAのボス早矢仕洋介氏が、業界サイトGamasutraのインタビューで、ゲーム中の暴力表現や女性キャラクターの描写に関してスタジオの新たな観点を語っています。

家庭用ゲーム Xbox360
シリーズ最新作『Ninja Gaiden 3』と『DEAD OR ALIVE 5』の開発にあたるTeam NINJAのボス早矢仕洋介氏が、業界サイトGamasutraのインタビューで、ゲーム中の暴力表現や女性キャラクターの描写に関してスタジオの新たな観点を語っています。

早矢仕氏によると、チームメンバーのうちおよそ200名は古くから在籍するスタッフで、旧リーダーである板垣伴信氏の脱退後は新メンバーも加わり、“セックスとバイオレンス”をメイン要素にしていたこれまでの古いビジョンは、プレイヤーの心を動かす新たな方向性に変わりつつあるのだとか。

そのひとつに、最新作『Ninja Gaiden 3』では単純な暴力や安っぽいスリルを描く代わりに、暴力に意味をもたせたり、感情にリンクさせるなどして、「なぜそれが起こったのか?」と大人のユーザーを考えさせるようなゲームを目指したとのこと。

また『DEAD OR ALIVE 5』では、実際に周りにいるような本物の女性を描くことにフォーカスしており、単なる雑誌のグラビア写真のような存在でなく、大人の男性が“女性”と見なして好感を抱くような、より高級なキャラクター描写をしたいと説明しています。(ソース: Gamasutra: 'The world has changed': Team Ninja's Hayashi on more realistic, respectful games)

※UPDATE : ソースの内容に沿って一部記事を修正・加筆しました。


【関連記事】
新たなシステムも判明!『DEAD OR ALIVE 5』体験版直撮りスクリーンショット
ヒトミvsあやね!美女対決を写し出した『Dead or Alive 5』最新ショット
TGS 11: 業を背負うハヤブサ…!『Ninja Gaiden 3』TGSトレイラー&最新ショット
海外はお色気ひかえめ…?『DEAD OR ALIVE Dimensions』ボックスアートを比較
海外レビューハイスコア 『METROID Other M』
Team Ninjaの手でサムスはさらにセクシーに?『METROID Other M』早矢仕洋介氏がコメント
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

    『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

  2. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR 2大型アップデート第4弾が現地時間2月27日に配信―完全新規のPvE、PvPなど

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR 2大型アップデート第4弾が現地時間2月27日に配信―完全新規のPvE、PvPなど

  3. 『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ

    『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ

  4. 『フォートナイト』v7.40コンテンツアップデートのパッチノート公開―跳んでトリックも決められるドリフトボードが実装!

  5. 『Apex Legends』2度目となる修正パッチが配信―復活後ゆっくり移動する問題などを修正

  6. 『オーバーウォッチ』新アサルトマップ「Paris」がライブサーバーに登場―ヒーローの体力に関する調整も

  7. 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

  8. 【吉田輝和の絵日記】修羅場パズルアドベンチャー『キャサリン・フルボディ』一度は体験してみたい四角関係!

  9. 『フォートナイト』二段階認証を設定で新エモート「ブギウギ」が入手可能に

  10. 『バトルフィールドV』「電撃の洗礼」アップデート3間もなく配信!Co-op「コンバインド・アームズ」が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top