GDC 12: 魔法と剣、タイムトラベル、恐竜帝国…初代『Fallout』のボツコンセプト | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 12: 魔法と剣、タイムトラベル、恐竜帝国…初代『Fallout』のボツコンセプト

ニュース 最新ニュース

2008年に『Fallout 3』が発売され、その年のGoTYやベストRPGなどを総ナメ、『Fallout: NewVeags』も発売されるなど評価とセールス面両方で再興を果たした『Fallout』シリーズ。核戦争後の荒廃した魅力的な世界を描いた本フランチャイズですが、もしかしたらその設定はファンタジーやタイムトラベル、恐竜モノになっていたかもしれません。1997年に初代『Fallout』を生み出したTimothy Cain氏が、現在開催中のGDC12にて本作のボツコンセプトを明らかにしています。

Cain氏によれば、『Fallout』の初期案はなんと“伝統的なDungeons&Dragonsのファタンジーゲーム”だったそうですが、こちらは開発内部で意見が別れてしまったほか、当時は既に多くのD&Dゲームが登場していたため、プロジェクト中止に至る前に直ぐボツにされたとのこと。

続く第2案はかなり壮大なタイムトラベルもので、現代から過去へとやってきた主人公が人間に進化する予定だった猿を殺してしまい、宇宙を通り抜けて、恐竜が支配する未来世界に行くというもの。さらにそこから主人公は架空の惑星へと亡命し、魔法で本来の時間軸に戻り、ガールフレンドを取り戻すために現代へと帰っていくのだそうです。

「今聞くと自分でもおかしいと思うが、当時は本当にこれでいこうと思っていた」とCain氏。とある開発者から「こんなストーリー作るのは無理だよ。君はいつまでも開発に取り組めるだろうけど他の人にはできない」と優しく指摘して貰いこの案もボツに至ったそうです

その後、残された最後の都市から主人公が地球奪還を目指すエイリアン侵略モノでついにスタートし、ここでついに“vault”の概念も誕生。何度も新規アイディアに近いような修正や改訂が行われ、ついに『Fallout』が誕生したとのこと。

なお同氏によれば、コンセプト擁立後も会社の方針や暴力的な表現のためになんどもプロジェクトは中止の危機に追いやられたとのことで、無事誕生してくれたことに1ファンとして感謝の言葉を述べたいですね。またゲームの名前は当初『Vault13』だったことも明らかにされています。
(ソース: Eurogamer)


【関連記事】
『Fallout 3』と『TES IV: Oblivion』のダブルパックが北米で4月に発売へ
FallOutシリーズの原点『Wasteland』がKickstarterでの製作計画を発表
全DLC収録の『Fallout: New Vegas Ultimate Edition』トレイラー公開
『Fallout MMO』の制作権がBethesdaに帰属、Interplayと和解へ
年内にもβ開始?Fallout MMO『Project V13』を巡る裁判がついに和解か
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

    『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  2. Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

    Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

  3. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

    『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  4. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  5. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  8. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  9. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  10. 高評価RPG『Pillars of Eternity』PS4/XB1海外発表―『Fallout: NV』開発元作品

アクセスランキングをもっと見る

page top