Microsoftが小型ディスプレイを搭載したゲーミングヘルメットの特許を登録していた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoftが小型ディスプレイを搭載したゲーミングヘルメットの特許を登録していた

海外サイトPatent Boltによって、Microsoftが2010年に登録した頭部装着型の網膜走査ディスプレイの特許情報が紹介されています。解説図には2タイプのディスプレイが描かれており、1つは一般的なメガネタイプ、もう1つは“ゲーミングヘルメット”と呼ばれる頭に被るタイ

家庭用ゲーム Xbox360

海外サイトPatent Boltによって、Microsoftが2010年に登録した頭部装着型の網膜走査ディスプレイの特許情報紹介されています。解説図には2タイプのディスプレイが描かれており、1つは一般的なメガネタイプ、もう1つは“ゲーミングヘルメット”と呼ばれる頭に被るタイプとなっています。

このディスプレイでは21インチ相当の16:9映像を見る事ができ、3D立体視にも対応。またディスプレイが半透明であるため映し出された映像越しに実世界を見る事もできるようです。より技術的な解説はPatent Boltに掲載されているので興味がある方は是非ご覧になって下さい。

どちらかと言えばメガネタイプの方が手軽で良いですが、ヘルメットタイプの方はプレイヤーキャラクターがヘルメットを被っているゲームにおいて臨場感を高めてくれそうですね。実際に製品化されるかどうかは分かりませんが、今後に期待です。
(ソース&イメージ: Patent Bolt via Joystiq)


【関連記事】
カプコンが『Dragon's Dogma』のキャラカスタマイズ技術の特許を申請へ
Moveに続く周辺機器?ソニーがKinect風3D深度計測カメラの特許を取得
任天堂、Wii Uタブレットの3D表示など複数機能の導入を検討か
PS Vita搭載の可能性もあった?生体計測技術に関するソニーの特許が発見される
Microsoft、Kinectでユーザーの年齢を判別する特許を申請
ソニーとLG電子、特許侵害を巡る訴訟合戦に和解
CES 11: ソニー、3D立体視対応ディスプレイを搭載したヘッドセットのプロトタイプを公開
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

    異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

  2. 激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

    激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

  3. 『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

    『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

  4. 『PUBG』ハロウィンスキンを紹介するティーザー映像公開!ホラー映画さながら…

  5. 『フォートナイト』公式Twitterが画像とともに奇妙な詩を投稿―ハロウィンテーマのイベントに関係か

  6. 『フォートナイト』浮島は謎のエネルギーを立ち昇らせ再びルートレイクへ

  7. 『スターデューバレー コレクターズ・エディション』2019年1月31日より国内発売!PS4向けDL版も同日配信

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『ヒットマン2』シリーズ初の対戦モード「ゴースト・モード」登場―国内向けトレイラーも

  10. 『フォートナイト』浮遊を始めた小島たちが雷光と共に浮島へ収束ー今度は何が起こるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top