不思議な世界の動く絵本… 注目インディータイトル『Botanicula』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

不思議な世界の動く絵本… 注目インディータイトル『Botanicula』プレイレポ

PC Windows


不思議な世界観を持つAmanita Designのクリック&ポイントADV『Botanicula』

今回はインディーズゲームを初めてプレイする!というインディー初心者の方々に向け、Amanita DesignよりPC向けに4月19日リリースされた『Botanicula』をご紹介します。インディーズゲームと言えば、商業ベースでは無い“尖った世界観”を持った作品が多いのも大きな魅力の1つ。本作はそんな尖った世界観を持ちつつも、英語が一切わからないユーザーでもプレイが出来る、楽しく敷居の低いタイトルとなっています。


隠れている5人が主人公。パラサイトは森中を食べ尽くし仲間を増やしていく

本作のジャンルは、マウスでオブジェクトをタッチしながら進めていくクリックポイント形式のアドベンチャーゲーム。プレイヤーは5人の森の住人たちを操作しつつ、画面上で何かを探したり、触ってみたり、或いは使ったりしながら障害や問題を解決し、森を脅かす黒い胞子のようなパラサイトから木の種子を守ることが目的となります。


まるで動く絵本のような『Botanicula』。プレイしているだけで顔が綻びます

ゲームプレイは至って簡単で、操作はマウスポインタで画面上の気になる物体を触れていくだけ。ゲーム中に台詞は登場せず、謎解きも言葉や数字を使わない閃けば簡単に解けるものが多いので、英語がわからずパズルがニガテという人でも安心です。マウスでクリックすると音が鳴り、音楽が紡がれていく様はまるで“動く電子絵本”のようでとても楽しく、本作はこの触れると動いて音が鳴るオブジェクトのリアクションを感じることも、ゲームを楽しんでいく上で重要な要素となっています。


謎の生物(木の実?)の家族の家を訪ねる5人。
魅力的なキャラクター達が多く登場するのも本作の楽しみの1つ

幻想的なグラフィックとテンポの良いアニメーションの融合、愛らしいサウンド、素敵な登場キャラクターたち。“不気味カワイイ”とでも言うような独自の雰囲気作りは、開発スタジオのAmanitaが得意とするもので、今作でも存分に堪能することができます。また本作はチェコバンドDVAの幻想的かつサイケデリックなサウンドや、可愛らしい森の住人たちが多く登場するので、過去作よりもアクが少なく遊びやすくなっている筈。むしろそういったクドさを好んでいる従来のAmanitaファンは物足りなさを感じるかも?

なお本作をプレイして気に入った方は、同じクリエイターAmanitaの代表作である『Machinarium』や『Samorost 2』、或いは無料の『Samorost』にも挑戦して、大型連休中にインディーゲームのさらに奥へ一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。


【関連記事】
砂の世界でホンワカした心地良さを体験、PSN『風ノ旅ビト』プレイレポ
2D世界を回して探索!遊び心満載のパズルアクション『Fez』ミニプレイレポ
『Botanicula』のHumble Bundle企画がスタート、好きな金額で購入可能!
木の実が森を救うADV『Botanicula』が今月配信決定!最新映像も公開
『Machinarium』のAmanita Designが新作『Botanicula』を正式発表
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

    DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  2. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

    MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

  3. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

    機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  4. Steam版消滅から約5年…初代『Mafia』がGOG.comで配信開始!

  5. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  6. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. 『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

  9. 『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

  10. 遂に空を飛ぶ!?『Team Fortress 2』パイロの新武器情報が公開―放屁タウントも…

アクセスランキングをもっと見る

page top