GI誌特集記事から『Army of Two: The Devil's Cartel』の詳細が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GI誌特集記事から『Army of Two: The Devil's Cartel』の詳細が明らかに

先週、遂に正式発表された『Army of Two』シリーズ最新作『 Army of Two: The Devil's Cartel 』ですが、海外ゲーム誌Game Informerの特集記事から本作の多数の詳細が明らかとなりました。

PC Windows

先週、遂に正式発表された『Army of Two』シリーズ最新作『Army of Two: The Devil's Cartel』ですが、海外ゲーム誌Game Informerの特集記事から本作の多数の詳細が明らかとなりました。

!注意!一部ネタバレとなる可能性があるのでご注意下さい。

■ ストーリーに関する詳細

 * SalemとRiosもゲームに登場。彼らは物語において重要な役割を果たす。
 
 * 彼らは民間軍事会社Tactical Worldwide Operations(T.W.O.)の幹部として裏方の役割を担う。
 
 * 新たな二人組:AlphaとBravo。
 
 * ゲームの舞台は非常に過激な麻薬カルテルに掌握されたメキシコ。
 
 * 過去10年にわたり何万人もの人々がカルテルによって殺害された。
 
 * その中には麻薬取引に関わった人間や民間人が含まれている。
 
 * 街には切断された首が置かれる。
 
 * 警告としてバラバラ死体が公共の場所に吊るされる。
 
 * ゲーム中にAlphaとBravoの本名は明かされない。
 
 * Alphaは米軍及び特殊部隊での多くの実戦経験を持つベテラン。
  
 * Alphaは彼の戦術スキルを“善のために”使用する機会をRiosから与えられるまで、傭兵になる事を考えていなかった。
 
 * Alphaは自分が多くの兵士や特殊部隊員よりも優れた傭兵だと思っている。
 
 * Alphaは根っからのリーダー気質。
 
 * 彼はT.W.O.について、準軍事的な環境に軍隊並みの正確さと非情なまでの手際をもたらすチャンスだと考えている。
 
 * Bravoは米軍の遠征に一回参加した。
 
 * その後、軍隊生活が向いていない事に気づいた。
 
 * Bravoは米国に戻ってから世界中の様々な民間軍事会社のフリーランサーとして臨時の仕事を引き受けていた。
 
 * T.W.O.は注目を集めたバルカン諸国での救出作戦の後にBravoをヘッドハンティングした。
 
 * 彼はElliot Salemと働けるチャンスに飛びついた。
 
 * BravoはAlphaと比較して戦闘で生き残るための迅速な反応、本能、資質に優れている。
 
 * Visceral Gamesはカルテル戦争を慎重に扱う。
 
 * AlphaとBravoがメキシコの全てを正すわけではない。
 
 * 戦闘中にハイファイブのような事はしないだろう。
 
 * ゲームは政治集会に出席するLa Puertaの市長Juan Angelo Cordovaを護衛するミッションから始まる。
 
 * 彼の在職期間は短いが、La Guadanaに触れた事で既に敵をつくりだした。
 
 * Scytheとして知られるLa Guadanaカルテルは架空の組織。
 
 * 組織は反カルテルの姿勢に対する報復としてCordovaの家族を殺害した。
 
 * La Guadanaは銃器の密輸と麻薬密輸を行う国際犯罪シンジケートEsteban Bautistaに組み込まれた。
 
 * Esteban Bautistaはより強力な準軍事組織。
 
 * T.W.O.は『Army of Two: The 40th Day』での出来事から成長した。
 
 * T.W.O.は秘密裏に行動しない。
 
 * Visceral Gamesは大きな瞬間にその背景を与えたい。

 * AlphaとBravoは命令とモラルとの間の難しい選択に直面する。

 * ストーリー中に2つのチーム、GAFE及びSalemとRiosが協力する。

 * 殆どの活動はバックアップ無しに行う。

 * カバーはゲームにおいて重要な要素。
 
■ ゲームプレイに関する詳細
 
 * 過去作とは違い、安全な場所に隠れるためにボタンを押す必要がある。
 
 * 他のカバーゾーンはアイコンで目印が付けられる。
 
 * 別の方向に動くことでアニメーションをキャンセルできる。
 
 * 空調用ダクトを含む低いオブジェクトを乗り越えるためにカバーボタンを使用する。
 
 * 合わせてランボタンを押す事でAlphaとBravoは低いカバーアイテムを乗り越える。

 * 新しいHUD。
 
 * Aggrometerはなくなったように見える。
 
 * Back-to-Backのような効果を発動するOverkillを搭載。
 
 * OverkillはCo-opを強化する。
 
 * パートナーが同時にOverkillを発動するとDouble Overkillに突入する。
 
 * 発動すると時間が遅くなり、画面はセピア調になる。
 
 * これは射撃を強力にする。
 
 * Double Overkillはおよそ15秒で終了する。
 
 * 協力はより多くのお金とOverkillポイントに影響する。
 
 * アップグレードで武器の精度や反動を調整する事が可能。
 
 * AIのための主要な2つの命令:フォローとアドバンス。
 
 * AIは戦闘がどのように展開しているかを認識している。
 
 * それが戦術的に有利になるよう完全に利用される事は無い。AIはバランスが保たれている。
 
 * キャラクターが分離される時はプレイヤーがどちらの役を引き受けるか選択できる。
 
 * AIインターフェースはまだ開発されていない。

今後はゲームプレイ映像の公開などにも期待したい『Army of Two: The Devil's Cartel』はPC/Xbox 360/PS3を対象に2013年3月発売予定。なお米Amazonの商品ページからはボックスアートも明らかとなっています。


(ソース: Gaming Everything via Gameranx, イメージ: Game Informer)

【関連記事】
シリーズ最新作『Army of Two: The Devil's Cartel』が2013年に発売、Frostbite 2を採用
UIデザイナーの履歴書に『Dead Space 3』及び『Army of Two 3』の名前が記載
噂: 『Army of Two』シリーズ新作『Army of Four』の声優が決定
噂: 『Army of Two』の新作は4人Co-opを搭載、タイトルも『Army of Four』に
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開

    『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開

  2. 『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

    『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

  3. 異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

    異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

  4. 総プレイ時間は約5億時間超え!配信やSNSが人気の支えか―『New World』が1周年記念で統計情報を公開

  5. リメイク版『Dead Space』初ゲームプレイトレイラー日本時間10月5日0時公開!

  6. オープンワールドのアクションローグライト『Ravenbound』16分ゲームプレイ紹介映像!

  7. 誰でも無料で参加可能!『ギルティギア ストライヴ』クロスプラットフォームオープンベータ開催発表

  8. 『Elona』続編ローグライクRPG『Elin』Steamページ公開!アルファ版配信は早ければ年末ごろか

  9. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

  10. ウクライナ侵攻での実際の出来事と証言に基づく完全無料ADV『Ukraine War Stories』は現地10月18日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top