N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた

コンソール向けの名作FPSとして今なお語り継がれるNINTENDO64タイトル『 ゴールデンアイ 007 ( GoldenEye 007 )』ですが、本作のディレクターMartin Hollis氏はGDC Europe 2012にて幾つかの開発秘話を明らかにしました。

ニュース 最新ニュース

懐かしのオープニング

コンソール向けの名作FPSとして今なお語り継がれるNINTENDO64タイトル『ゴールデンアイ 007GoldenEye 007)』ですが、本作のディレクターMartin Hollis氏はGDC Europe 2012にて幾つかの開発秘話を明らかにしました。

当初『ゴールデンアイ 007』はスーパーファミコン向けに開発がスタートしたもののプロジェクトは途中で放棄されてしまったのだそうです。それを見つけたHollis氏は個人的興味からプロジェクトを再開、小さなチームを結成して肉付けを始めました。ちなみにチームの大部分はそれまでゲーム開発の経験がなかったようです。

そしてゲームはスーパーファミコン向けから任天堂の新しいコンソール向けに移行。しかしその時点ではまだNINTENDO64は存在しておらず、開発チームもどのようなコントローラーデザインとなるか分かっていなかったのだとか。

NINTENDO64版『ゴールデンアイ 007』は『バーチャコップ』風のオンレールシューターとして開発がスタートしましたが、その後アナログスティックの搭載が明らかとなり、ボンドはエイミング及び射撃に加えて移動する事が可能となりました。

ゲームの開発には約3年が費やされました。そして最も注目を集めたマルチプレイヤーはなんとタイムリミット寸前に追加されたとの事で、上層部もそれが動いているのを見るまで存在を知らなかったそうです。

もしスーパーファミコン版の開発が放棄される事なくすんなりと発売されていたら、伝説的作品となったNINTENDO64版も誕生せず、今日のFPS情勢は大きく違ったものとなっていたかもしれませんね。
(ソース: IGN)

【関連記事】
N64『ゴールデンアイ 007』スピードラン映像、ただし操作はステアリングホイール
AIの動きを忠実に再現した『ゴールデンアイ 007』ファンメイド実写ムービー
設立25周年のレア、N64『ゴールデンアイ 007』の開発を振り返る
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  2. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

    GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  3. 『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

    『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

  4. 『ストリートファイターV』新参戦キャラ「ギル」発表! 追加コンテンツ同梱の「チャンピオンエディション」も【UPDATE】

  5. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  6. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  7. 『Firewatch』のSteamレビューが炎上ーPewDiePie氏の騒動が原因

  8. 魔法を駆使するバトルロイヤル『Spellbreak』PS4版が2020年春にCBT予定

  9. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  10. 『バイオRE:2』売上がオリジナル版売上を突破!500万本達成

アクセスランキングをもっと見る

page top