Ubisoft: PCゲームの著作権侵害率は93〜95%、F2Pは有効な対抗手段 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ubisoft: PCゲームの著作権侵害率は93〜95%、F2Pは有効な対抗手段

先日開催されたgamescom 2012のプレスカンファレンスでは『Might & Magic Heroes Online』や『Anno Online』、『Silent Hunter Online』といったFree-to-Playタイトルを多数披露したUbisoftですが、CEOのYves Guillemot氏は同社がF2P路線を前面に打ち出す背景をGamesInd

ニュース 最新ニュース
先日開催されたgamescom 2012のプレスカンファレンスでは『Might & Magic Heroes Online』や『Anno Online』、『Silent Hunter Online』といったFree-to-Playタイトルを多数披露したUbisoftですが、CEOのYves Guillemot氏は同社がF2P路線を前面に打ち出す背景をGamesIndustryのインタビューにて明かしました。

Guillemot氏によれば通常のPCゲームの正規購入者は僅か5〜7%との事で、残りの93〜95%が著作権侵害されているのだそうです。またF2Pタイトルにおいてお金を使うプレイヤー(有料アイテムの購入など)は全体の5〜7%とほぼ同じ割合ですが、F2Pタイトルにはより大きなアドバンテージがあるとしています。

F2Pタイトルはこれまで製品が出荷されていなかったり、殆ど購入されなかった国々から収入を得る事ができ、その結果長期的に新しいコンテンツを提供し続けられるとGuillemot氏は話しています。

「私達はPC市場を大きく発展させたい。そしてF2Pはそれを実現する方法です」と語るGuillemot氏。もちろんF2Pタイトルにおいても顧客のニーズを理解し、改善を続けて行く事が非常に重要であると伝えています。
(ソース: GameIndustry via Blue's News)

【関連記事】
Notch氏: 『Minecraft』を買うお金がないなら海賊版を試せば良い
カミカゼも許さない!『Serious Sam 3』の新たな海賊版対策が見つかる
Ubisoftの新DRM認証サーバーがダウン!『Assassin's Creed 2』など対応ゲームがプレイ不可能に
Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に
Codemasters CEO: 未完成のゲームを売れば著作権侵害の防止になる
PSPが好調なセールスに並行して、深刻な著作権侵害にさらされている。
著作権侵害によるダメージ、CrytekはもうPC専用のタイトルは作らない
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

    PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

  2. 荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

    荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

  3. 『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

    『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

  4. 『FF7 REMAKE』ストーリーやバトルシステムに関する基本情報が公開!コマンド×アクションの融合による戦略性の高い戦闘が展開

  5. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  6. 宇宙戦闘交易ADV続編『Rebel Galaxy Outlaw』発表!マイシップの3Dプリントモデル購入も可能

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 大人気ホラーサバイバル『Dead by Daylight』2019年内にモバイル版の全世界リリースが決定!日本向けの特別トレイラーも

  9. オープンワールドRPG『NEW LIFE』3月からSteam早期アクセス配信!―違法・合法なお仕事で送る新たな人生

  10. 『FINAL FANTASY VIII Remastered』発表!PS4/XB1/スイッチ/PC向けに2019年配信予定【E3 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top