“Armored Kill”配信にあわせ『Battlefield 3』に新たな巨大パッチが配信、パッチノート情報まとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Armored Kill”配信にあわせ『Battlefield 3』に新たな巨大パッチが配信、パッチノート情報まとめ

本日Battlelogにて、『Battlefield 3』のDLC“Armored Kill”のリリースにあわせ、巨大パッチの配信が行われることが告知。あわせて膨大な数の調整と修正を含むパッチノートが公開されました。

PC Windows
本日Battlelogにて、『Battlefield 3』のDLC“Armored Kill”のリリースにあわせ、巨大パッチの配信が行われることが告知。あわせて膨大な数の調整と修正を含むパッチノートが公開されました。パッチ配信は全機種にて海外時間の9月4日に行われ、また国内の本日18時より約2時間ほどのメンテナンスが行われる予定となっています。メンテナンス中はマルチプレイヤーがプレイ不可となるそうです。パッチノートの詳細は以下よりご覧ください。

■リロードタイムに関する調整

* 多数の武器のリロード時間を調整。リロード動作の完了よりも前に発砲できる、或いは不要に待たなければならなかった武器にて、ゲームバランスと実際のアニメーションに適した変更が行われた。殆どは0.1秒ほどの表面的なものだが、幾つかの武器 (M416, F2000, FAMAS, KH2002, MK3A1, JNG90, MG36 QBU-88, SVD, Pecheneg, SCAR-H, AN-94)は性能をアップさせる目的でも修正が行われている。
* リロード時間減少(短): M417, FAMAS, M39 EBR, M416, PP-19, QBU-88
* リロード時間減少(短&長): SCAR-L, AEK-971, F2000, AN-94, AK-74, PP2000, G3A3, SKS, MG36, JNG-90, MK3A1, SCAR-H, SVD, QBZ-95B
* リロード時間減少(長): AUG A3, 44 Magnum, KH2002, Pecheneg, L85A2, QBB-95, M1911, MP7
* リロード時間増加(短&長): ASVal
* リロード時間増加(長): P90
* リロード時間減少(長)、増加(小): M4A1

■ダメージと距離に関する調整

* UMP: 近距離でのダメージが上昇しレンジ外でのダメージが減少した。接近戦における最適な武器となったが、PP2000以上の距離では苦しい
* PP2000: ロングレンジでのダメージが上昇。中距離における低リコイルのPDWとしての役回りが強調されている
* M1911: MagnumsとM9/MP443の中間の存在となるよう、最小ダメージが増加
* M93: M9/MP443のようなピストルと比較して強すぎたため、M93Rのダメージとレンジが減少。よりスムーズな射撃が行えるようリコイルは抑えられている
* 12G Frag弾: より小範囲にダメージを与えるよう調整、そのため最大ダメージを与えるチャンスが増加した
* AA: 歩兵に対するダメージがわずかに増加、MBT装備にもダメージが与えられるようになった
* 12ゲージバックショットの近距離ダメージが僅かに増加
* 長距離のターゲットをより簡単にヒットできるようCoaxial HMGの弾速が上昇
* 40mmフレシェット弾の最短レンジが延長、より確実にダメージレベルを上げるためペレットの発射範囲が狭められた(tightended the cone of fire)
* ヘビーバレルを装着した5.56mm、5.45mm、6.5mmアサルトライフルのレンジボーナスが僅かに減少
* サプレッサーを装着した5.56mm、5.45mm、6.5mm武器のレンジペナルティが僅かに減少(AR、Carbine、LMG)
* SCAR-Hのサプレッサー装着によるレンジペナルティが僅かに減少
* M5Kのダメージが増加

■リコイルに関する調整

* SG553: 水平方向へのリコイルが減少
* MG36: 垂直方向へのリコイルが減少
* M416: M16A3との差別化を図るため、水平と垂直方向、さらに初弾のリコイルを減少
* M16A3: リコイルが僅かに増加
* M4A1: リコイルが僅かに増加
* G36C: 垂直方向と初弾のリコイルが減少
* M16A4、M4: リコイルが増加。バースト射撃時の水平リコイルは減少した

■その他の武器に関する調整

* FIM92とIGLAはより抵い位置、遠い距離のジェット機をロックできるようになった
* M5Kにバースト射撃が追加
* バイポッドによるボーナスが増加(F2000、G3A3、M27、M416、Pecheneg、Type88、FAMAS、MG36)
* LMGを立ち状態およびエイミングした際の射撃精度が上昇(M240、M249、Type88、Pecheneg、LSAT)
* 44 Magnum: MP412 REXとの差別化を図り、重い一撃を与えるサイドアームとしての役回りを強調するため、射撃レートを僅かに低下させた
* M44 Magnum以上の有効な近距離戦パフォーマンスを強調するため、MP412 REXの射撃レートを上昇、リロードタイムを増加させた
* L85からバースト射撃モードが排除、シングルショットモードを追加した
* 40mm LVGの最大ダメージ範囲が僅かに拡大。全体のダメージレベルはそのままに、より広い範囲に致死的なダメージを与えることができるようになった
* 他の武器とのバランスを保つため、サプレッサー装備時のM417射撃精度ボーナスが減少
* サプレッサー装備時の各種武器にて射撃精度ボーナスが上昇: ACW-R, L86 LSW, LSAT, MP5K、MTAR

■各種武器の修正

* レーザーサイトを装着したAUGとSCAR-Lが適切に腰だめの射撃精度ボーナスを受けるよう修正
* 設置しプレイヤーによって直ぐ使用されない場合に、SOFLAMが友軍車両をロックしてしまう問題を修正
* SCAR-L: ヘビーバレルによって立ち状態およびエイム時のリコイルが増加していなかった問題を修正
* “Close Quarters”で追加されたM5K、LAST、ACW-Rの弾薬サイズと種類に関する誤った記述を訂正
* QBB-95でThe PKS-07が使用可能になった
* M417のフォアグリップが誤って水平リコイルを減少させすぎていた問題を修正
* RPKとSKSのヘビーバレルと同様に、ACRのフォアグリップ、MG36とQBB-95、RPKの拡張マガジンをアンロックし、装備できるようになった
* 幾つかのアタッチメントを使用したM320のバックショット弾ダメージが誤っていた問題を修正
* “Close Quarters”のガンマスターモードにおいて、MK3A1はFrag弾の変わりにフレシェット弾を使用するようになった

■車両に関する調整と修正

* ヘリコプターのガンナーによるフレアが削除。アンロックを正しく組み合わせれば、攻撃ヘリはミサイルにロックされても上手く傷つかずに済む。フレアをガンナーから削除することで、攻撃ヘリと地上火力のバランスが取れた
* 防空レーダーが友軍機も写しだすようになった
* ヘリコプターの武装がスプラッシュダメージにより装備を破壊するようになった
* 偵察ヘリのレーザーペイントは、パイロットでは無く4番シートに座る副操縦士のアンロック扱いとなった。主力戦車のCITVタレットのように、アンロックすれば常に使用することができるようになる
* 敵車両に対するリペアツールのダメージが10%減少
* 武装の変換を素早く行うことで、戦車と駆逐戦車が主砲を2発連続で撃てることができていたリロード仕様を変更
* 乗車シートに座っている際、武器の射撃モードを変更できるようになった
* 兵士を射撃した後に車両に乗ると、ヒットインジケーターが表示されてしまう問題を修正
* ヘリコプターとジェット機による対ヘリ、ジェット機、歩兵のロケットダメージが増加
* ヘリコプターのガンナーとIFVによる対ヘリコプター、ジェット機のダメージが増加
* レーザーペイントを受けたジェット機が、トップアタックによるダメージボーナスを受けていなかった問題を修正

■継続して行われている調整と修正

* MCOMステーションにおける防衛/攻撃キルスコアの算出方法が変更された。キルされた側はMCOMを起爆/解除しなくても良いが、MCOMの半径5メートル以内に居なければならない。防衛リボンの取得範囲もMCOMから4m(元は2m)へと拡大された。全体として、リボンの取得はより容易になっているが、MCOM周囲にて戦略的なプレイを行う機会は増加している
* エンジニアのプレミアム・アサイメントにて、同クラスが使用したものだけでなく全てのショットガンのキルをカウントするようになった
* Co-opにおけるアワードからのスコアが適切に得られるよう修正
* 精密ドッグタグが正しい統計を表示するようになった
* Co-opにおける星章とドッグタグが適切にアンロックし装備できるようになった
* Gun MasterとDominationの勝者リボン、メダルを追加

■UIに関する調整と修正

* ミニマップ上のキャプチャーポイントアイコンに文字が追加された
* グレネードを手に持った状態で車両に乗ると、グレネードカウンターがおかしくなってしまう問題を修正
* ダメージを与えてきたプレイヤーが死んだ際、ダメージインジケーターが誤った方向を指してしまっていた問題を修正
* スポーンする際やゲームメニューを閉じた際、ヒットインジケーターが表示されてしまう問題を修正
* (PC版)チャットを行おうとした際、レーザーペイントによるアイコンが消失してしまう問題を修正
* クランタグがプレイヤーIDとして表示されてしまうバグを修正
* ネームタグとキルカードにクランタグを追加
* (PC版): 地上車両にて一人称視点に戻す度にヒットインジケーターが表示されてしまっていた問題を修正
* AA車両に乗っている際もCommorose VOが動作するよう修正
* 蘇生中もスクリーン上に重篤状態のヘルスカラーが表示されるよう修正
* プレミアム専用サーバーのJoinボタンが、非プレミアムユーザー向けに表示されないよう修正
* 蘇生を受けた際に、スポーンメニューが正しく消えるよう修正
* 色覚異常者向けのオブジェクトが誤ったアイコンで表示され、黒色の背景では点滅してしまっていた問題を修正
* EOD Botで向かう途中、MCOMへの距離が更新されていなかった問題を修正
* 迫撃砲による爆発が、射手のHUD上で示されるようになった

■そのほか様々な調整と修正

* 飛んでいる最中に操作を止めた場合、MAV装置が空中に浮き続けないよう修正
* スプリントからうつ伏せへ移行する際に銃撃が行えてしまっていた問題を修正
* 死亡してからチームを変更したプレイヤーを蘇生できないように修正
* マップ“Donya Fortress”にてプレイヤーがレベルの頂上に移動できてしまう2つのバグを修正
* EOD botによって不正確に計算された長距離ヘッドショットを行えてしまうバグを修正
* (PS3/Xbox 360版)サーバーの詳細情報におけるプリセットリストにマップのローテーション設定を追加。プレイヤーはサーバーに関係する全ての設定を見ることができるようになった
*(Xbox 360)メインメニューにクリック可能な宣伝スポットが登場

(ソース: Battlefield@Facebook)

【関連記事】
ついに来週から配信となる『Battlefield 3』DLC“Armored Kill”の実績&トロフィーリストが公開
ヘリから脱出して空中で戦闘機を撃墜する『Battlefield 3』の凄腕プレイ映像が登場
『Battlefield 3』最新拡張パック“Armored Kill”の海外配信日が決定
PS3/Xbox 360向け『Battlefield 3』DICEサーバーが増強、既存サーバー数から実質4倍に
『Battlefield 3』のプレミアム限定ダブルXPイベントが開催、国内では明日朝より約1週間
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. ハクスラローグライトFPS『Gunfire Reborn』250万本突破―ロードマップでは有料DLCと無料アップデート発表

    ハクスラローグライトFPS『Gunfire Reborn』250万本突破―ロードマップでは有料DLCと無料アップデート発表

  2. 水没世界を船で生き延びるアドベンチャーMMO『Age of Water』クローズドベータテストが今夏開催

    水没世界を船で生き延びるアドベンチャーMMO『Age of Water』クローズドベータテストが今夏開催

  3. 『デジモンサヴァイブ』海外向け最新ゲームプレイトレイラー!ドラマパートの選択やバトルの戦術性紹介

    『デジモンサヴァイブ』海外向け最新ゲームプレイトレイラー!ドラマパートの選択やバトルの戦術性紹介

  4. 明治時代の洋館探索ホラーADV『夜詛YASO curse of soirée』7月7日リリース―VTuber市松寿ゞ謡氏の最新作

  5. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』オトモアイルーの「サポート行動」に異変!覚えた技が“ランダム変化”する不具合報告

  7. 瀬戸口廉也氏がシナリオ・監督を務めるビジュアルノベル『BLACK SHEEP TOWN』公式サイトにて体験版公開!

  8. カルト教団ACT『Cult of the Lamb』日本語字幕入りトレイラー公開―子羊の教祖となり信者を儀式の生贄にすることも

  9. Steamで“圧倒的に不評”のリメイク版『XIII』大規模アップデート9月13日配信―開発スタジオを変更し多くの要素をリファイン

  10. 『ワンピース オデッセイ』は“麦わらの一味らしさ”が光る作品!探索やバトルシステム、そして“原作へのこだわり”が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top