一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も

PC Windows

2011年2月に配信が開始されたインディーズデベロッパーFrictional Gamesの『Amnesia: The Dark Descent』が140万本セールスを記録しました。Frictional Gamesが自身のブログにて明らかにしました。

ブログへのポストによれば、昨年9月時点では約39万本の売り上げに留まっていたものの、同年のPotato Bundleにて36万本、さらに今年初頭に行われたHumble Indie Bundleにて71万本ものセールスを記録したとのこと。またディスカウントを除いたフルプライスでのセールスも順調なようで、現在は月毎に1万本以上を売り上げているそうです(これは5分毎に1本の『Amnesia』が売れている計算)。

『Amnesia: The Dark Descent』は、プレイヤーが記憶を失った男性キャラクターDanielとなり、失われた記憶と真相を求めクリーチャーが彷徨う不気味な洋館を探索するという一人称視点のホラーアクションタイトル。ハイクオリティな恐怖演出や深みのあるクトゥルフ神話ベースの物語などが受け、Metacriticでは平均スコア8.5/10と高評価を獲得しています。

またFrictional Gamesは既に発表済みの精神的な続編『Amnesia: A Machine for Pigs』とは異なる、新たなスーパーシークレットプロジェクトが進行中であることも明らかにしています。同作の詳細は不明ながら、ゲームジャンルは同スタジオお得意の一人称視点ホラーモノとなっており、2014年のリリースが予定されているとのこと。『A Machine for Pigs』とあわせて続報に期待しておきましょう。
(ソース: Frictional Games)

【関連記事】
『Amnesia: A Machine for Pigs』の発売時期が2013年に延期へ
闇から聞こえる豚の鳴き声『Amnesia: A Machine for Pigs』初ティザートレイラーが公開
Frictional: 『Amnesia: A Machine for Pigs』ではより熟成された経験を味わえるだろう
豚を殺すための世界…ホラー続編『Amnesia: A Machine for Pig』が正式発表
ホラーADV『Amnesia』続編は中国が舞台?Frictionalが謎のWebサイトを掲載
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』4月度売上は約38億円規模、『オーバーウォッチ』『CS:GO』凌ぐ勢い

    『PUBG』4月度売上は約38億円規模、『オーバーウォッチ』『CS:GO』凌ぐ勢い

  2. 太平洋戦争FPS『Rising Storm』がHumble Storeで無料配布!

    太平洋戦争FPS『Rising Storm』がHumble Storeで無料配布!

  3. 高評価ハクスラARPG『Grim Dawn』が100万本セールス達成!―記念のセールも実施

    高評価ハクスラARPG『Grim Dawn』が100万本セールス達成!―記念のセールも実施

  4. HD化された『VANQUISH』PC版がSteam配信開始!

  5. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

  6. 『PUBG』月間アップデート延期が撤回―通常通り配信へ【UPDATE】

  7. バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

  8. リアル系航海シム『Sailaway - The Sailing Simulator』が日本語に対応!

  9. 西部劇MMO『Wild West Online』チラ見せ映像公開!―インゲームの美しい環境を披露

  10. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

page top