【IEMシンガポール体験】『SC2』人気プロゲーマーGrubby選手インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【IEMシンガポール体験】『SC2』人気プロゲーマーGrubby選手インタビュー

IEMシンガポール大会『StarCraft II』部門で準優勝を果たした人気プレイヤー Grubby (グラビー)選手の試合前インタビューをお送りします。最新拡張パック『Heart of Swarm』についてのコメント、日本のゲーマーに向けてのメッセージもあるのでぜひご覧ください。

PC Windows

大手eSports団体Electronic Sports League(ESL)の象徴的な大会として知られるIntel Extreme Masters。先週末、同イベントでは初の開催地となるシンガポールにて、シーズン7のグローバルチャレンジトーナメントが実施。スポンサーを務めるBenQと共に、その体験ツアーに参加することができたので、現地の模様やイベントに携わる関係者を取材してきました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


これまでトーナメント会場の模様スポンサーオーガナイザーそれぞれの観点でお伝えしてきましたが、最後に、今回のIEMシンガポール大会『StarCraft II』部門で準優勝を果たした人気プレイヤーGrubby(グラビー)選手の試合前インタビューをお送りします。最新拡張パック『Heart of Swarm』についてのコメント、日本のゲーマーに向けてのメッセージもあるのでぜひご覧ください。

―それでは、簡単に自己紹介をお願いします。

Grubby: 私の名前はマニュアル、“Grubby”としても知られています。出身地はオランダで、26歳。eスポーツのプロゲーマーとして9年間活動しています。

―今回のIEMシンガポール大会はGrubbyさんにとってどのような位置付けの大会になるでしょうか。

Grubby: 重要な大会の一つですね、何より優勝できる可能性があります。というのも、IEMのイベント自体もシンガポールという国も好きなので、気分的にも落ち着けるからです。

―大会に向けてのコンディションはいかがでしょう?

Grubby: ここに来るすぐ前に2大会出場したばかりで、移動などで体力的には少し疲れいて、コンディションはベストではありません。しかし、メンタル面はかなり良い状態なので、それだけでゲームはうまくやれそうな気がします。

BenQの製品展示会でTerranを使って肩慣らしするGrubby。

―対戦相手の研究をされているということでしたが、どれほど深く研究しているのでしょう?

Grubby: 先日の上海BWCだけでなく、すべての大会前には、まず自分がどんな戦略を使うかリストアップします。そして各対戦相手ごとに、さらなる戦略を追加したり除外したりしていきます。例えばこのプレイヤータイプにはこの戦略が有効、この戦略が苦手、といった具合に練習を積み重ねていくのです。

―プレイヤーの国籍による特徴も何か意識されているのでしょうか?

Grubby: もちろんです。アメリカ人はかなりアグレッシブです。反対にヨーロッパのプレイヤーはディフェンシブで、韓国プレイヤーは、…アグレッシブかつほぼパーフェクトですね(笑)。あとはアメリカのプレイヤーは経済的、効率的なプレイをしますね。ロシア人のプレイはとても異質で、何もかもが変わっています。

 強豪SKMC選手との準々決勝は、メインステージが『LoL』の決勝戦中だっため控え室内で行われていた。

 その様子を、ステージ横のモニター上でたくさんのファンが見守った。

―Grubbyさんは『Warcraft III』時代の有名なオーク(Orc)使いで、今でもそのOrcのイメージが定着していて、『StarCraft II』で使用されているProtos種族は、あくまで個人的な印象ですが、似合わないという感じがしてしまうのですが……。

Grubby: それは理解できますよ、私も未だに自分がOrcだと思う時があります。なぜなら本当に長い間Orcをプレイしてきたので、あなたが考えるのと同じように、とても強いつながりがあるのです。初恋みたいなものです(笑)。

―では、もし将来『Warcraft 4』が発売されたら、やっぱりOrcを使うのでしょうか。

Grubby: それは質問するまでもありません。必ずそうするでしょう。

―Grubbyというニックネーム、プレイヤーネームの由来を教えてください。

Grubby: 10歳にもならない幼少時代から“Grubtor”という名前を使っていました。当時からネットがあるのは知っていて、よく同じようなハンドルネームが使われているのを見たので、他の誰ともの絶対に同じにならないような特別な名前を選びました。そして初代『StarCraft』をプレイしていた頃に、省略されて“Grubby”と呼ばれるようになっていました。

 試合勝利後は、即座にファンのところまで行って撮影やサインに応じるGrubby。

 大会オペレーターのMichal Blicharz氏の話によると、以前までGrubbyは試合に勝っても身内だけで喜んでいたのが、最近になって対戦相手に声をかけたりファンサービスを徹底したりとプロらしいふるまいに変わってきたという。

―来年3月に『StarCraft II』の拡張パック『Heart of Swarm』の発売が決まりました。それについて期待していることや考えを教えてください。

Grubby: 拡張パックは新たな始まり(New Start)だと感じますね。現在の『Wings of Liberty』はシステムも戦術的にも研究され尽くしているので、『Heart of Swarm』によりゲームはさらに興味深くなって、新たな戦術が発見され、革新していくことを期待しています。

―現状日本では『StarCraft II』がローカライズされておらず、言語の壁もあってか、なかなかプレイヤーも増えていないのですが、何かあなたからゲームをアピールするメッセージをお願いします。

Grubby: 『StarCraft II』は簡単に覚えられます。そして大きな深みがあります。日本にはチャンピオンとなるようなプレイヤーが必要です。なぜなら他の全ての国には有名プレイヤーがいますからね。とにかく楽しいゲームで、ベストなRTS作品ですよ。

 決勝で息の詰まる戦いを繰り広げたSting選手と笑顔で。

※誤字を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます!

【関連記事】
【IEMシンガポール体験】eスポーツ大会を裏で動かすオーガナイザー達
【IEMシンガポール体験】機材提供やプロゲーマーのサポートでeスポーツ大会を後押しするBenQ
【IEMシンガポール体験】『SC2』『LoL』世界トーナメントの模様をレポート!
【PR】世界で活躍するプロゲーマーTypeNemuke氏に聞く、ディスプレイの重要性
ネクソン、Valve新作『Dota 2』の国内パブリッシング契約を締結
『Dota 2』世界大会で中国チームIGが優勝、賞金100万ドルを手に!
Mad Catz、プロゲーマー梅原大吾とのスポンサー契約を発表
上海でBattle.net World Championshipが開幕、Twitch TVで生中継!
韓国のInfiltration選手がスパIV王者に!“EVO2012“各タイトルの試合結果をひとまとめ
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に

    北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に

  2. GOG.com新クライアント「GOG Galaxy 2.0」発表―PC/CS向けサービスの集約管理機能も

    GOG.com新クライアント「GOG Galaxy 2.0」発表―PC/CS向けサービスの集約管理機能も

  3. ターン制戦術SLG『タイニーメタル 虚構の帝国』Steam版が発表!

    ターン制戦術SLG『タイニーメタル 虚構の帝国』Steam版が発表!

  4. モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

  5. PC版『The Sims 4』スタンダードエディションがOriginにて期間限定無料配布中

  6. PC版『ファークライ』シリーズ作品がUbisoft Storeにてセール中!5月28日まで

  7. 凄くKawaiiドット絵アクション『Piko Piko』Steamページが公開―日本語対応予定も

  8. Valveが『Dota Auto Chess』スタンドアロン版を制作中―『オートチェス』開発元との協議を経て

  9. Steam版『GOD WARS 日本神話大戦』6月14日発売決定ー便利な新機能やダンジョンが追加

  10. 『ネプシューター』Steam配信開始―『ネプテューヌ』スピンオフの横スクロールSTG

アクセスランキングをもっと見る

1
page top