『The War Z』のSteam販売が一時中止、ValveとHammerpointから声明も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The War Z』のSteam販売が一時中止、ValveとHammerpointから声明も

今週からSteamで配信が開始されたものの、その価格設定や製品概要文に対してユーザーから批判が殺到し、公式フォーラムが炎上する騒ぎとなっていた『 The War Z 』。Valveの判断により、 Steamでの販売 が一時中止されたことが明らかになりました。

PC Windows
今週からSteamで配信が開始されたものの、その価格設定や製品概要文に対してユーザーから批判が殺到し、公式フォーラムが炎上する騒ぎとなっていた『The War Z』。Valveの判断により、Steamでの販売が一時中止されたことが明らかになりました。

ValveのマーケティングVPであるDoug Lombardi氏は、海外メディアへの声明で、「時として過ちを犯すことがあり、SteamでThe War Zを時期尚早に販売してしまったことがそのひとつです。この件についてお詫びし、デベロッパーと協力して信頼できる新たなビルドが用意できるまで、販売を一時中止することにしました」と謝罪。

また、Steam上で既に『The War Z』を購入しているユーザーは、引き続きプレイを続行することが可能とのことですが、サポートページでチケットを発行すれば返金で対応するそうです。

一方、開発元Hammerpoint InteractiveのボスSergey Titov氏からも、「商品ページが100%正しいことを確かにしたかったためです。結論として、最終的なゴールはユーザーが満足することであり、怒らせることではないので、これが何よりも重要なことでした」との声明が発表がされています。(ソース: Polygon, Kotaku)

【関連記事】
ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』のSteam配信が開始
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』がベータ段階に移行、マップエリアも拡大
ソーシャル要素とFPS要素を融合させたゾンビサバイバルホラー『The War Z』α版プレイレポ
新たなパッケージの販売やSteamでの配信など『The War Z』最新情報が公開
β実施の迫る『The War Z』のコンテンツ開放とアップデート詳細が発表
『The War Z』開発者が海外インタビューにコメント: 『DayZ』との比較は全く気にしていない
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

特集

PC アクセスランキング

  1. 『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

    『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

  2. 異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

    異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

  3. 『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

    『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

  4. 総プレイ時間は約5億時間超え!配信やSNSが人気の支えか―『New World』が1周年記念で統計情報を公開

  5. リメイク版『Dead Space』初ゲームプレイトレイラー日本時間10月5日0時公開!

  6. 初代『オーバーウォッチ』のサーバーが停止、10月5日から“2”となって再開予定!

  7. 誰でも無料で参加可能!『ギルティギア ストライヴ』クロスプラットフォームオープンベータ開催発表

  8. 『Elona』続編ローグライクRPG『Elin』Steamページ公開!アルファ版配信は早ければ年末ごろか

  9. オープンワールドのアクションローグライト『Ravenbound』16分ゲームプレイ紹介映像!

  10. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

アクセスランキングをもっと見る

page top