『The War Z』が『World War Z』との類似を指摘され商標審査が保留に、タイトル変更の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The War Z』が『World War Z』との類似を指摘され商標審査が保留に、タイトル変更の可能性も

PC Windows

先週ユーザーからの大きな批判が発生し、ついにはSteamでの販売が停止されValveが返金にも対応するという前代未聞の騒動を巻き起こしたゾンビサバイバルMMO『The War Z』ですが、この騒動が発生する約1ヶ月前に、出願中の同作の商標審査が保留状態となっていたことが明らかとなりました。

『The War Z』の商標はHammerpoint Interactiveが今年7月に出願し、審査の際中で登録はまだ行われていませんでした(通常、出願された商標を審査し登録するには数ヶ月かかる)。米国特許商標局のWebサイトに掲載されたSuspension Letterによれば、この商標とParamount Picturesが過去に登録していた『World War Z』関連の商標との類似性が確認され、2012年11月15日時点で審査が保留状態になったとのこと。

海外サイトPolygonでは、今後、商標の類似性が認められParamount側が使用を禁じた場合、『The War Z』が名前を変更しなければならない可能性があることを指摘しています。

なおParamountは『World War Z』関連の商標を2011年8月から今年7月にかけて幾つか登録しており、その中にはダウンロード形式ゲームやオンラインゲームに関するものも含まれています。『World War Z』は世界規模で巻き起こったゾンビと人類の戦いをインタビュー形式で回顧していくという2006年発売の小説で、来年にはブラッド・ピット主演の同名映画も公開予定です。
(ソース: gamesindustry , Polygon , USPTO(pdf形式))

【関連記事】
『DayZ』開発者Rocket氏が『The War Z』騒動などを受けRedditで発言
渦中の『The War Z』、今度は『The Walking Dead』からゾンビ盗作の疑い
『The War Z』のSteam販売が一時中止、ValveとHammerpointから声明も
ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』のSteam配信が開始
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』2人乗りバイクのまま突っ込む住居訪問がエクストリーム

    『PUBG』2人乗りバイクのまま突っ込む住居訪問がエクストリーム

  2. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

    カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  3. 12年ぶり帰還の『ファイプロワールド』盛りだくさんのゲーム紹介映像!

    12年ぶり帰還の『ファイプロワールド』盛りだくさんのゲーム紹介映像!

  4. 【特集】初期『EverQuest』はいかに過酷だったのか―理不尽と中毒性そなえた伝説MMORPG

  5. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  6. PC版『レインボーシックス シージ』新要素「アルファパック」が正式実装

  7. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  8. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  9. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  10. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

アクセスランキングをもっと見る

page top