期待を裏切らなかったプレイステーション4−「PS Meeting 2013」現地レポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

期待を裏切らなかったプレイステーション4−「PS Meeting 2013」現地レポ

体感で前日より5度は下がったであろう冬のニューヨークに多数の報道陣が詰めかけました。「PlayStation Meeting 2013」の会場となったManhattan Centerの前には開会の1時間以上から数百人が列をなし、その時を待ちました。新しいゲーム機がいよいよ発表されるんだという

ニュース 発表
PS4を発表するアンドリュー・ハウス社長

体感で前日より5度は下がったであろう冬のニューヨークに多数の報道陣が詰めかけました。「PlayStation Meeting 2013」の会場となったManhattan Centerの前には開会の1時間以上から数百人が列をなし、その時を待ちました。新しいゲーム機がいよいよ発表されるんだという興奮が辺りを包みます。

伝説的なゲームデザイナー、マーク・サニー氏がハード設計に参加

しかし、一夜明けて振り返るとその空間は意外に冷静だったように思い起こされます。新しいゲーム機を一言で表すと――「優等生」。予想を裏切らず「プレイステーション4」という名前を冠し、次世代機に求められるであろう大方の機能が盛り込まれました。伝説のゲームデザイナー、マーク・サニーが設計に関与したというのは開発者コミュニティにとっては朗報でしょう。たっぷり時間を使って紹介されたサードパーティのラインナップは心躍るものでした。iOSやAndroidなど汎用デバイスとの連携を実現し、フェイスブックやUstreamなどのウェブサービスとも統合される――SCEJ河野プレジデントは「閉じてない世界」と表現しました。

フレンドの最新情報を見ながらコミュニケーションを深めることも

様々なデバイスに対応

専用ゲーム機不要論に耳を傾けながら、今までのユーザーを満足させるラインナップ、この2つを両立されたプレイステーション4は多くの人を満足させる「優等生」になれる予感がします。期待に違わぬゲーム機、それがプレイステーション4でした。

しかし会場は冷静でした。少々の興奮はあったものの、会場が沸き起こるような事はありませんでした。

カプコンが新ゲームエンジンを引っさげ参入

PCゲームの雄、ブリザードとの提携が発表

10年後にも実現し得ないような大言壮語は鳴りを潜めました。ハードウェアエンジニアだったプレイステーションの生みの親、久夛良木健氏は常に壮大な構想を語りました。コンピューターの進化が生み出す想像もし得ないような輝かしい未来こそがプレイステーションを貫く思想でした。「夢を語ったPS3、現実を見せたPS4」この違いはハードウェアとしてのゲーム機が置かれた状況を明確にしたように思います。コンピューティング性能だけで差別化するのは今の時点では厳しいということです。

KILLZONE最新作はまるで映画のよう

プレスカンファレンスでソニーが見せたのはハード性能だけでないゲーム体験の進化です。本体同時発売を目指す、Guerrilla Gamesが開発する人気シリーズ最新作『KILLZONE SHADOW FALL』のプレゼンテーションは圧巻でした。ハード性能を活かした美麗グラフィックで近未来の戦場が描かれ、地上を、空中を銃を携えながらハイスピードでのアクションが展開。主人公が敵の戦闘機を撃破したところで終わります。まるで映画の一シーンを体験するような、これが次世代ゲーム機が実現する遊びです。しかしこれは次世代Xboxでも、あるいは最先端のPCでも、もっと言えば数年後にはスマートフォンでも実現可能な体験です。

遊んだ内容を動画で配信できる

ライブでの配信にも対応している

このプレゼンテーションには続きがあり、ゲームを披露したGuerrilla Gamesの開発者はメニューを開き、今遊んだ内容を映像として友達とシェアします。プレイステーション3のホーム画面からは、こうした友達の投稿をフェイスブックのタイムラインのように閲覧して、ゲームを軸としたコミュニケーションを楽しむことができます。友達の新たな一面を見たり、新しいゲームへの関心を高めたり、ゲーム機がネットワークを介して開かれた世界を作り上げていきます。そしてこのソーシャルネットワークはプレイステーション4だけに閉じたものではなく、スマートフォンやタブレットからも閲覧可能です。ニコニコ動画やUstreamなどではゲームの実況プレイ(解説しながらゲームを遊ぶ動画)が人気を集めていますが、こうしたゲーム周辺のコミュニケーションを中に取り込んでいこうという取り組みです。河野氏も「ソーシャルには大きな可能性がある」と述べました。

次世代レベルのマシン性能と、ソーシャルとの統合、汎用デバイスとの連携による開かれたプラットフォームへの変化。予測された変化を高いレベルで実現しているという意味でプレイステーション4は優等生的です。ただ、2時間を通じてスタンディングオベーションが無かったという事実はここが東海岸のニューヨークという事を差し引いても、もっと夢が見たかったという筆者の思いを聴衆が共有していたことを示すように感じました。期待は裏切られるべきであったのかもしれません。
《Mr.Cube》

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  3. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  9. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

  10. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

アクセスランキングをもっと見る

page top