気になる*Spark 『DreadOut』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

気になる*Spark 『DreadOut』

PC Windows



今週の気になる*SparkはインドネシアのインディーズデベロッパーDigital Happinessが開発を手がけるPC向けホラーアドベンチャー『DreadOut』をご紹介します。本作は、主人公の女子高生リンダとその友人達が、夏休みに訪れたインドネシアのとある町で様々な怪奇現象に襲われるといった内容で、アジアの幽霊や心霊現象を全面的にフィーチャーした演出が最大の特徴です。

撮影した写真はSNSへのアップロードも可能に

主人公のリンダはデジカメやビデオカメラ、スマートフォンといったガジェットを駆使して幽霊に立ち向かっていきます。このテーマからピンと来た方も多いかと思いますが、日本のホラーゲーム『零』シリーズに大きな影響を受けているとの事で、開発陣も「『零』のファンは絶対に楽しめる!」と意気込んでいるようです。

携帯のライトを頼りに暗闇を進んでいく

探索を重視したアドベンチャータイトルという以外、ゲーム内容の多くは謎に包まれたままですが、前述した『零』や『リング』、『呪怨』、『着信アリ』といったジャパニーズホラーファンにもかなり期待出来そうな一本となりそうです。

 これから恐ろしい恐怖体験に巻き込まれるなど考えもしない主人公達

インドネシアで伝承される様々な妖怪も登場するようです

廊下の奥に…

こちらはインドネシアの有名な都市伝説ポコン

携帯はパズルを解くのにも使用。
ちなみに本家『零』同様にちょっとしたお色気演出も用意されてるとか。

幽霊の度アップ。急に出てきたら間違いなくビビる!

インドネシアという異色の舞台もあり、昼間でも雰囲気バツグン

とり憑かれてしまった(?)友人

『DreadOut』は2013年Q1時期のリリース予定、また、現在SteamGreenlightも実施中。3月末までにデモ配信も計画しているとの事なので、興味が湧いた方は是非投票してみてはいかがでしょうか。



【関連記事】気になる*Spark: 『Euro Truck Simulator 2』
《FURUKAWA》

特集

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top