【BitSummit】開発者インタビュー『トーキョージャングル』のクリスピーズ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BitSummit】開発者インタビュー『トーキョージャングル』のクリスピーズ

弱肉強食の開発会社クリスピーズ代表の片岡陽平氏と池田裕貴氏にお話をお伺いしました。クリスピーズは基調講演でも登壇した気鋭のデベロッパーです。満面の笑顔と、動作する没バージョン『TOKYO JUNGLE』が印象的。

ニュース 最新ニュース

弱肉強食の開発会社クリスピーズの片岡陽平氏にお話を伺いました。

――今回ビットサミットに参加された経緯をお教えください。

是非参加してくれないかとJames Mielke氏からお声がけをいただきました。そのやり取りをしているときに、基調講演についても依頼がありました。

――コンシューマー寄りのデベロッパーというイメージもありますが?

Mielke氏が『TOKYO JUNGLE』を高く評価し、海外のメディアでも多く記事を書いたりしてくれていました。私が作っている作品にはインディースピリットが込められているとされ、インディー代表として基調講演にも招かれた次第です。正直言って、いいのかな?と思う部分もあったのですが、インディーは新しいものにチャレンジする精神性が一番大事ですし、その点に大いに共感しました。

――ビットサミットで印象に残ったものはありますか?

友達とかメディアとかと交流している時間が長く、展示物はほとんど見ることができませんでした。

――『TOKYO JUNGLE』はリリースまでに結構時間がかかりました。

2010年のTGSから紆余曲折がありました。最初は横スクロールアクションで、これでした(上掲写真左下)。SCEさんへのプレゼン用の段階のムービーですね。2010年TGSではすでに3Dになっていました。

――2Dから3Dに変更された経緯は?

2つ理由があります。PSNでのリリースを予定した2Dで創った段階で大きな反響を呼んだのでそれに応える必要が出たということ。もう1つが、ゲームのコンセプト上繰り返しプレイすることになるので、2Dだと飽きないバランスにするのが難しかったからです。

――3Dにしてからどれくらい開発に時間がかかりましたか?

開発期間は2年9ヶ月くらいで、2D半分・3D半分でした。一回リソースをほとんど捨てる形になり見切りをつけて作り直しました。『トーキョージャングル1』を創ってから、事実上の『トーキョージャングル2』を創ったようなものです。

――メインストーリーの展開についてはどの段階で構想されていましたか?

初期の段階です。講演で述べたとおり、新しいだけでは売れません。ユーザーへ面白いと思ってもらえるフックを作ることは、プロデューサーやプロモーションの仕事であると同時に、開発の人間も志さなければなりません。メディアに掲載されたときにユーザーが惹き込まれる要素をどれだけ創れるか、です。例えば、「アゲメス」「サゲメス」のワード、プレイ可能な動物が50種など、といった部分。普通にアクションゲームを創ったことがあれば、50種類もいるとゲームバランスが破綻しかねません。ですが、そうしたところこそがユーザーの望んでいるところだと考えたので、妥協せずに調整しました。

――今開発されているタイトルもやはり謎のゲームですか?

謎のゲームです。ジャンルはアクション。『TOKYO JUNGLE 2』ではありません。

――本日はありがとうございました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記者の個人的に『TOKYO JUNGLE』は非常に思い入れが強いゲームです。独特の触り心地を持つ、既成の価値観に挑戦状を叩きつけるような仕上がりでした。深遠なるゲーム性を紐解いていくタイプの作品でなかったにもかかわらず、長時間なぜかプレイしてはゲームオーバーになり、ちょっと間をおいてまたプレイしてしまったりしていました。「楽しいゲーム」の軸は人それぞれですが、『TOKYO JUNGLE』は確実に新機軸を構築したタイトルです。ちなみにサウンドも秀逸だったのですが今のところサントラは発売されていない模様、残念です。

インディーゲームとインディーデベロッパー、そしてインディーズ魂のなんたるか。基調講演とあわせ、当インタビューから1つの形が見えてきます。

※諸般の事情で記事の一部を削除しました。ご了承ください。
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

    『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

  2. スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

    スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

  3. 『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

    『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

  4. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』「アクセル=ロウ」を紹介する最新トレイラー公開!「ARCREVO America 2019」での世界初試遊も決定

  5. 10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『リーグ・オブ・レジェンド』開発元のRiot Gamesが新作格闘ゲームを開発中!

  8. 『PAYDAY 3』は2022~2023年に発売予定―Starbreezeが今後の見通しを公開、分社化も

  9. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top