GDC 13: Unreal Engine 4の最新デモ「Infiltrator」で未来のゲームを見た | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 13: Unreal Engine 4の最新デモ「Infiltrator」で未来のゲームを見た

ニュース 最新ニュース

プレイステーション4への対応も発表された、Epic Gamesが開発するゲームエンジンの次世代版「Unreal Engine 4」の最新状況がGDC 2013で明らかにされました。

同社はクローズドブースでプレゼンテーションを行い、副社長のマーク・レイン氏から新情報が明らかにされました。プレイステーション4は年内にも発売される予定ということもあって、「Unreal Engine 4」の完成度も一年前とは比較にならないほど高まったようです。

一年前に紹介された「Elemental」と呼ばれたデモが、このエンジンのほんの"基本的"要素を紹介したものに過ぎなかったかのように、今回紹介された「Infiltrator」は人々が次世代に期待するものを存分に見せつけるものでした。下にムービーを用意しましたので、まずはご自身の目で確かめて見て下さい。質疑応答では「これは製品化されるんじゃないか?」と質問が飛ぶほどでした(レイン氏は「エンジン部隊とゲーム部隊は別だから」とかわす)。


レイン氏によれば開発は「4ヶ月前くらいに、そろそろ次のを作ろうか?」と始まったそうです。一年前と比べて「Unreal Engine 4」の制作パイプラインは随分と確立してきたということで、開発を容易にした面がありそうです。もちろん、「Infiltrator」はリアルタイムに動作しているものです。動作しているPCはNVIDIAのハイエンドGPUを積んだものだということですが、一年前に「Elemental」デモを動かしたものと同等ですので、さして最先端であるわけでもありません。次世代の家庭用ゲーム機でも充分に動かせる範囲になりそうです。

Unreal Engine 4の詳細についてはウェブサイトをご確認ください。

【関連記事】
GDC 13: “Unreal Engine 4”最新デモのティーザー映像が公開
GDC 13: 『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』はUnreal Engine 3で開発
【PS4発表】PS4で動作するUnreal Engine 4の最新リアルタイム技術デモ映像
期待のUnreal Engine 4採用ホラーゲーム『Daylight』の最新スクリーンショット4点が公開
「Unreal Engine」生みの親に訊く次世代のゲーム作り
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

    ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

  2. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

    映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  3. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  4. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  5. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  6. SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

  7. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  8. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  9. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  10. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top