CD Projekt Red、『The Witcher 3: Wild Hunt』にはDRMを搭載せず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CD Projekt Red、『The Witcher 3: Wild Hunt』にはDRMを搭載せず

PC Windows

今年2月に正式発表されたアクションRPGシリーズ最新作『The Witcher 3: Wild Hunt』ですが、デベロッパーCD Projekt REDのゲームデザイナーMaciej Szczesnik氏はKotakuのインタビューにて、本作にはDRM(Digital Rights Management/デジタル著作権管理)が搭載されない事を明らかにしました。

昨年のGDCでも「今後いかなるゲームにおいてもDRMを利用するつもりは無い」と発言していたCD Projekt REDですが、Szczesnik氏は「誰かが無断複製したいと思えば、結局そうするでしょう。もちろんそれは悪い事ですが、それに対しては何もできません。私達は出来る限り最良の経験をユーザーに提供したいのです」と、過去の主張(“DRMは結局破られる”“正規プレイヤーが不都合を被る必要は無い”)から一貫する意見を述べています。

なお、発売後にDRMが削除された前作『The Witcher 2: Assassins of Kings』(GOG版は最初からDRMフリー)では450万回以上の海賊行為が行われた可能性があるとしながらも、100万本以上のセールスを記録しており、CD Projekt REDのCEOであるMarcin Iwinski氏は「悪い比率ではない」と語っていました

ちなみにDRMを削除した際はTorrentサイトのユーザーによって、CD Projekt REDのゲームの海賊版をダウンロードしないよう呼びかけが行われたそうです。
(ソース&イメージ: Kotaku via GameSpot)

【関連記事】
『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に
『Cyberpunk 2077』ではマルチプレイもフィーチャー、『The Witcher 3』での導入も示唆
美麗な環境を収めた『The Witcher 3: Wild Hunt』最新スクリーンショットが公開
GDC 12: CD Projekt Red「DRMはあなたのゲームを守らない」
ゲーム会社CEO: DRMは意味が無い、お金の無駄
DRM非搭載の『The Witcher 2: AoK』で450万回以上の海賊行為が行われる
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

    カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

    王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  4. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  5. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  6. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

  9. 職人魂が滾る!『ファイプロ ワールド』のレスラーエディット情報が公開

  10. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

アクセスランキングをもっと見る

page top