CD Projekt Red、『The Witcher 3: Wild Hunt』にはDRMを搭載せず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CD Projekt Red、『The Witcher 3: Wild Hunt』にはDRMを搭載せず

PC Windows

今年2月に正式発表されたアクションRPGシリーズ最新作『The Witcher 3: Wild Hunt』ですが、デベロッパーCD Projekt REDのゲームデザイナーMaciej Szczesnik氏はKotakuのインタビューにて、本作にはDRM(Digital Rights Management/デジタル著作権管理)が搭載されない事を明らかにしました。

昨年のGDCでも「今後いかなるゲームにおいてもDRMを利用するつもりは無い」と発言していたCD Projekt REDですが、Szczesnik氏は「誰かが無断複製したいと思えば、結局そうするでしょう。もちろんそれは悪い事ですが、それに対しては何もできません。私達は出来る限り最良の経験をユーザーに提供したいのです」と、過去の主張(“DRMは結局破られる”“正規プレイヤーが不都合を被る必要は無い”)から一貫する意見を述べています。

なお、発売後にDRMが削除された前作『The Witcher 2: Assassins of Kings』(GOG版は最初からDRMフリー)では450万回以上の海賊行為が行われた可能性があるとしながらも、100万本以上のセールスを記録しており、CD Projekt REDのCEOであるMarcin Iwinski氏は「悪い比率ではない」と語っていました

ちなみにDRMを削除した際はTorrentサイトのユーザーによって、CD Projekt REDのゲームの海賊版をダウンロードしないよう呼びかけが行われたそうです。
(ソース&イメージ: Kotaku via GameSpot)

【関連記事】
『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に
『Cyberpunk 2077』ではマルチプレイもフィーチャー、『The Witcher 3』での導入も示唆
美麗な環境を収めた『The Witcher 3: Wild Hunt』最新スクリーンショットが公開
GDC 12: CD Projekt Red「DRMはあなたのゲームを守らない」
ゲーム会社CEO: DRMは意味が無い、お金の無駄
DRM非搭載の『The Witcher 2: AoK』で450万回以上の海賊行為が行われる
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. サンドボックス牧場ゲーム『Staxel』Steam早期アクセス配信―日本語にも対応済

    サンドボックス牧場ゲーム『Staxel』Steam早期アクセス配信―日本語にも対応済

  2. 『PUBG』海外ユーザーが仲間を一瞬で蘇生する新種チーターを報告

    『PUBG』海外ユーザーが仲間を一瞬で蘇生する新種チーターを報告

  3. 対戦サバイバルホラー『Dead by Daylight』ジグソウ参戦の“SAW”アップデートトレイラー!

    対戦サバイバルホラー『Dead by Daylight』ジグソウ参戦の“SAW”アップデートトレイラー!

  4. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  5. サイバーパンクADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信開始! 運命と幸福の姿を紡ぎ出す…

  6. 『Far Cry 5』PC版動作環境情報が海外公開!―最高画質4K60fps動作はハイエンドSLI環境向けに

  7. オープンワールドサバイバル『Rust』正式版配信日が決定

  8. 人気宇宙MMO『EVE Online』基本無料プレイが12月に大幅拡張へ―戦艦など使用可能に

  9. カスタムロボバトルレース『ブレイクアーツ2』発売日決定!新トレイラーも

  10. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

アクセスランキングをもっと見る

page top