謎の元セガ従業員がネットモデム搭載の未発売セガサターン“プルート”のプロトタイプ機と見られる画像を投稿 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

謎の元セガ従業員がネットモデム搭載の未発売セガサターン“プルート”のプロトタイプ機と見られる画像を投稿

ニュース 最新ニュース


藤岡弘氏が扮するせがた三四郎という名物キャラクター、『デイトナUSA』や『ガーディアンヒーロズ』、『NiGHTS』などの名作を生み出してきたことでいまだ記憶に色濃く残る1994年発売のセガハード“セガサターン”ですが、海外フォーラムAssemblerに元セガ従業員を名乗るユーザーが登場し、このセガサターンにネットモデムを搭載したバージョン機“プルート”のプロトタイプと見られる画像を投稿しました。

14年以上前にプロジェクトが進められていたというこのプルートは、セガサターンにインターネットモデムを搭載したバージョンのビルトで、当時は2種類のプロトタイプが製作され、写真に写っている機体は試作機第2号であると元セガ従業員は説明しています。背面からは確かに“PLUTO 02”の刻印が確認可能。






前面に2つのコントローラー接続、上部にはフリップトップドライブベイ、カートスロット、電源とリセットボタン。両サイドには「エキゾチックな」通気口が存在し、背部はセガサターンと同様ながらネットモデムが搭載。重量は2.8kgとなっており、元セガ従業員が「これは私が手掛けてきた中で間違いなく最大のコンソール機、ビーストだ」と語るなど、機能的にもサイズ的にもビッグなコンソールとなっていたことが予測されます。

なおこの元セガ従業員であるSuper Magnetic氏(東京在住)は、当時共にセガで働いていたメンバーMonkfish氏に紹介されAssemblerのフォーラムにたどり着いたそうで、Monkfish氏は2人の娘を残し40歳の若さで脳腫瘍によってこの世を去ったとMagnetic氏は語っています。


土星(サターン)から続く冥王星(プルート)として発売が予定されていたのではないかなど、様々な憶測を呼ぶ幻のハード“プルート”。リージョンロックはあるものの現在も動作可能な良好な状態であり、元セガ従業員は売るつもりは全く無いものの、断れないようなオファーが来た時には受け入れてしまうかもと話しています。
(ソース&イメージ: Assembler)

【関連記事】
セガサターン名作『NiGHTS』のHDリメイク版が海外向けに発表!【UPDATE】
『XBLA/PSNに移植を希望するセガサターン名作』22選
セガサターンの隠れた名作がXBLAでリメイク!『Death Tank』今週配信決定
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  2. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  6. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  9. 2017年のSteamベストゲームはこれだ! 売り上げ上位作品が発表

  10. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

アクセスランキングをもっと見る

page top