10.3%がゲームを違法にプレイ、家庭用ゲーム参加者は1年間で232万人減・・・CESAが調査 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

10.3%がゲームを違法にプレイ、家庭用ゲーム参加者は1年間で232万人減・・・CESAが調査

ニュース 最新ニュース

家庭用ゲーム機の非正規機器・非正規ソフトウェアの利用経験が家庭用ゲーム参加者の10.3%であることが、コンピューターエンターテイメント協会の調査により明らかになりました。

これは、4月30日に発行された「2013年CESA一般生活者調査報告書」に書かれている内容で、家庭用ゲーム参加者(300サンプル)にマジコンや改造ツールなどの非正規機器、違法コピーや改造プログラムなどの非正規ソフトウェアの利用経験をたずねたところ、「遊んだことがある」と回答した人が10.3%に及んだといいます。

また、この「一般生活者調査報告書」は毎年発行されているので、2012年度と家庭用ゲーム参加者の人数を比べてみました。すると、2012年度調査では3,142万人(全体の29.3%)もいた家庭用ゲーム参加者が2013年度調査では、2,910万人(全体の25.9%)と232万人も減少していることが分かりました。

その他の詳しいデータは、「2013CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」に書かれています。価格は6,300円(税込)で全国の政府刊行物取扱書店などで発売中。

なお、合計データを表計算ソフトベースで収録した「デジタルデータCD」も12,600円(税込)で、同協会の通信販売のみで取り扱いがされています。

(ソース: 2013年CESA一般生活者調査報告書 紹介ページ)

【関連記事】
Foxconn、Wii UやiPhoneの製造工場で14歳少女の違法就労を認める−任天堂から声明も
2011年に最も違法コピーされたのは『Crysis 2』
違法コピー懸念し『Ghost Recon: Future Soldier』のPC版が発売中止−海外報道
英国での違法コピー件数が2006年から上昇傾向、海賊行為が徐々に蔓延中
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

    カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  2. 『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

    『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

  3. 『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

    『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

  4. サイバーパンクサイコホラー『Observer』日本語PS4版8月16日配信決定―狂気にアクセスせよ

  5. EAが初代『Crysis』のマルチプレイヤーサポート終了を発表―「シングルプレイヤーキャンペーンを続けていただければ幸い」

  6. ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』発売日決定! 予約受付も開始

  7. 『ジャストコーズ4』E3でのライブストリームから5本のフッテージ映像が公開!

  8. 噂:MSがgamescomにて全く新しいXboxハードウェアとアクセサリを発表か

  9. コミカルな病院経営シム『Two Point Hospital』8月30日にリリース決定ー予約購入で10%オフ

  10. アトラスのイラストレーター・副島成記ドキュメンタリー映像―当初の『キャサリン』はエロティックじゃなかった?

アクセスランキングをもっと見る

page top