『GTA V』の最新プレビューが一挙公開! スクリーンショットやアートワークも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』の最新プレビューが一挙公開! スクリーンショットやアートワークも

家庭用ゲーム Xbox360


先日の予告通り、海外サイトにて『Grand Theft Auto VGTA V)』の最新プレビューが一挙公開となりました。GTAV.netでは各サイトの情報がまとめられていたのでそちらをご紹介します。合わせて多くのスクリーンショットアートワークも公開されています。

フィーチャー
  • 資産: 家、ガレージ、会社の全てを財源の為に購入可能。

  • ヒッチハイカーのピックアップ、スタントジャンプやフライングチャレンジ、ヨガやゴルフ、テニス、バイクレースに参加する事ができる。

  • ゲームに登場する新たな電話“iFruit”: 写真を撮影し、RockstarのSocial Clubにアップロードが可能。

  • 電話にはアプリを実装。カメラの他にインターネット、コンタクト、ソーシャルメディア、カレンダー、リプレイミッションアプリ。さらにRockstarがまだ隠している3つのアプリがある。

  • カバー間の移動にコンバットロールを導入。

  • 酒屋とATM強盗も可能。

  • サイドミッションが復活。その一つはMichaelがVinewood Boulevardで若手女優をパパラッチから守るといった内容。

  • プレイヤーの行動に対する市民の反応: 強盗をしているプレイヤーを見かけた市民は、警察に通報、写真の撮影、またはプレイヤーを押さえつけようと試みる。

  • 動物のハンティング。


カスタマイズ
  • キャラクターのカスタマイズ - タトゥー、ヘアカット、衣類。

  • 車両のカスタマイズ - ペイント、ホイール、ウィンドウカラー、グリル、スポイラーに加えて、エンジンやブレーキ、サスペンションなど性能のアップグレードも可能。

  • 武器のカスタマイズ - サイレンサー、スコープ、拡張マガジン、レーザーサイトなど。


警察との交戦
  • 旧作の手配システムが復活。星は6つから5つに。

  • ミニマップの点滅するサークルゾーンから逃れるシステムは健在。

  • しかし、本作では警察の視線システムを採用し、アラーム内でも目の届かない所へ隠れる事が可能。

  • ヘリが呼ばれた場合は、警察の視野がより広がる。警察はハンドシグナルを用いる。


スキルカテゴリー
  • キャラクターはそれぞれ一組の技術カテゴリで格付けされている: スタミナ、射撃、耐久力、ステルス、航空機の操縦、ドライビング、メカニック、肺活量。

  • キャラクターはそれぞれ“スペシャル”を持っている: Franklinはアドレナリン中毒で運転中に時間を遅くする事ができる。Trevorは与ダメージを2倍、被ダメージを半減し、独自の近接攻撃を行うFrenzy(狂乱)モードを持つ。Mchaelは独自のバレットタイムを持つ。

  • スペシャルはメーターで管理され、使用中は減少し、回復は徐々に行われる。

  • 他のスキルカテゴリーは共有されており、ミッションやサイドミッション、アクティビティを遂行する事で向上する。

  • Trevorは常に最良のパイロット、Franklinは常に最良のドライバーになるが、それぞれが少しずつ能力を向上させる事ができる。

  • スキルカテゴリーの1つはステルスであり、プレイヤーがミッションで異なるアプローチをとれる事を示唆している。


マップ
  • マップは過去作品のように水に囲まれている。

  • プレイアブルな地上エリアは『Red Dead Redemption』の3.5倍。水中エリアを含めると5倍。

  • 地理的範囲は巨大で様々なアエリアを含む。

  • 山地。

  • 川。

  • 湖。

  • 軍事基地。

  • 農地。

  • 砂漠。

  • 高密度の都市、そして更に多く…。

  • 海の生態系: “海では魚とサメは協力している”。

  • 山地で鹿や山猫が確認された。

  • 水中には難破船やサメ、隠された宝物などが見つかる。

  • 水中で宝物を発見する事ができるが、NPCもそれらを探している。

  • ワールド全体に適合した野生生物が生息。また特定のエリアに特有の住民。



強盗/ミッション
  • “Mini heists”は準備に関する事をプレイヤーに教えるために使用される。プレイヤーは車両、衣装、マスク、逃走用の車両を確保しなければならない。

  • より大きな強盗を行うには完璧さが求められる。それには適切クルー(リクルート可能)が必要となり、安い報酬でスキルの低いクルーを雇うか、高い報酬でスキルの高いクルーを雇うかを決めなければならない。

  • これらの追加キャラクターはドライバー、ガンマン、テクニシャンなど異なる分野に特化できる。

  • 幾つかの強盗で同じクルーを雇うと(生き残っている場合)、そのクルーのスキルが向上する。

  • 他のキャラクターからの視覚的・聴覚的な警告があり、危険な状況でプレイヤーが完全なる不意打ちを食らうことはない。

  • ステルスまたは力づくで目標を攻撃する事ができ、これは強盗に影響する。

  • 巨額の配当はクルー間で分割。

  • 強奪した現金総額、生き残ったクルーへの報酬、利益などを示す報告書。


洗練された戦闘
  • 照準のコントロールを完全に維持した状態での流れるような走り撃ち。

  • プレイヤーの視野を広げるために肩越しにズームインした際はカメラが後ろにさがる。

  • コンバットロールはカバーから戦略的に移動し、銃撃から回避する。

  • 照準は敵の身元によって白から赤まで変化する。

  • ターゲットが死亡した場合は照準の上に小さな“X”が表示される。

  • 変更可能なターゲットオプション: フリーエイム、ソフトロック、ハードロック(『Max Payne 3』に似ている)。

  • カバーからのよりスムーズな移動遷移。


全般
  • キャラクター選択画面は4つの三角形で表示: Franklin、Trevor、Michael、そしてプレイヤーのマルチプレイキャラクター

  • いくつかのボートにはウェットスーツや、足ひれ、ダイビング用タンクが実装されている。

  • 『GTA V』は探索に報酬を与える。水中に明確な道標はなく、宝を見つけるのは困難。

  • ダイビングで大きな報酬は得られないが、“事を円滑に進められる”ようになる。

  • 方向キーの上を押す事で、マルチプレイヤーの参加や退出ができる。

  • キャラクターの動きはそれぞれの個性を反映した微妙な違いがある。例としてMichaelはより遅く慎重。

  • Rockstarによれば『GTA V』の歩行者は『GTA IV』の5倍。

  • “クレイジーなレベルのディテール”: 有名人宅のツアーを行う観光バスに乗車可能、壁に貼られた映画ポスター、劇場の外でプレイヤーに詰め寄るコメディコスチュームを着た男。

  • カットシーンの間にFranklin、Trevor、Michaelのキャラ変更が可能。手動もしくは自動でAIがコントロールする。

  • それぞれのキャラクターには仕事がある。自分自身で行うか、コンピューターにさせるかは全てプレイヤー次第。

  • 死んでしまった場合、他の2人のキャラクターが生きている場合でも最後のチェックポイントからロードされる。

  • キャラクターの変更はプレイヤー次第だが、会話では理想的な選択を示唆する。例えばMichaelとFranklinがスナイパーに抑えられている時、MichaelはTrevorの助けを求めるかもしれない。

  • 視界よりは広く、プレイヤーは走りながら撃つ事ができる。

  • 手配レベルが存在している間はキャラクターの変更はできない。キャラクター選択メーターで変更の可否が確認できる。

  • Michaelのクラシック映画に対する執着は、現実世界の映画に基づくインゲームセットに形を変える。デモでは3キャラクターが映画『ヒート』に良く似た強盗を行った。


楽しい事実
  • Franklinだけで『GTA: San Andreas』の歩行者全員より多くのテクスチャーを持っている。

  • GTAゲーム史上最大の車両数。

  • GTAゲーム史上最大の武器数。


(ソース&イメージ: GTAV.NET)

【関連記事】
『Grand Theft Auto V』の第三弾トレイラーが解禁!
『GTA V』のカルト教団がセミナー参加者を募集、メンバーとしてゲームに出演するチャンス!
ファンが喜ぶ重要な情報も含まれる『GTA V』の最新プレビューが5月2日に解禁
3人の主人公に焦点を当てた『GTA V』最新トレイラーが今月末に解禁
『GTA V』の実写CMが準備中? ゲームに登場するカルト教団のスクリーンセーバーも公開 【UPDATE】
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及

    PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及

  2. 再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像

    再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像

  3. 『フォートナイト バトルロイヤル』「ジェットパック」導入で

    『フォートナイト バトルロイヤル』「ジェットパック」導入で"自滅"プレイヤー急増中?

  4. 『BF1』『BF4』のDLCが国内Origin/PS4/XB1向けに無料配布開始ー「In the Name of the Tsar」と「Final Stand」が期間限定で

  5. 『レインボーシックス シージ』イタリア新オペレーターはこう使え!「Operation Para Bellum」国内向け解説映像

  6. 『CoD:BO4』は全世界同時発売!タイタニック号を舞台にしたゾンビモードなど追加情報も

  7. 噂:『オーバーウォッチ』新マップに”隠し部屋"が存在?新ヒーローの手掛かりである可能性も

  8. バトルロイヤルゲーム『H1Z1』のPS4向けオープンβが海外でスタート

  9. 15種のスキン収録!PS4向け豪華版『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』発売

  10. ディストピアアクションADV『We Happy Few』がオーストラリア審査機関で分類拒否、発禁か

アクセスランキングをもっと見る

page top