OuyaとGameStickに続く新たな小型ハードGamePopが登場。月額制を採用、5月中の予約で本体が無料に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

OuyaとGameStickに続く新たな小型ハードGamePopが登場。月額制を採用、5月中の予約で本体が無料に

OuyaやGameStickなど昨年からAndroidをベースにした小型ハードが続々と登場する中、新たにモバイルソフトウェア会社として知られるBkuStacksが新型ハードGamePopにてこの分野に参戦を表明しました。

ニュース 最新ニュース

OuyaやGameStickなど昨年からAndroidをベースにした小型ハードが続々と登場する中、新たにモバイルソフトウェア会社として知られるBkuStacksが新型ハードGamePopにてこの分野に参戦を表明しました。

BlueStacks社はWindowsやMac上でAndroidアプリケーションを起動するBlueStacks App Playerなどで知られる2009年設立の会社。同社が今回発表した小型ハードGamePopはTVスクリーン上にてモバイルゲームをプレイするというもので、OuyaやGameStickとコンセプトは変わりませんが、最大の違いは月額のサブスクリプションモデルを採用している点。月額6.99ドルの支払いにて数百ドル分のAndroid向けタイトルを全てプレイできることが謳われています。

ソフトウェアにはAndroid 4.2を採用しており、ハードウェアの性能は「現在出ている全ての一流Androidゲームを動作」させることが可能。またiOSとAndroid向けの専用アプリもリリースされる予定で、これを利用することで内蔵センサーなどの機能を含めスマートフォンをコントローラーのように利用することが出来るとのこと。


海外サイトThe Vergeに対しBlueStacksの代表者が話したところによれば、GamePopは本体価格100ドル前後にて今冬にリリースが予定されているそうですが、驚くべきことに5月中に予約すると無料でハード本体を購入できるキャンペーンが現在行われており(ただし送料は米国内で9.55ドル、国外で19.90ドル必要)、99ドルのOuyaや79ドルのGameStickよりも価格面で強烈なインパクトを放つところとなっています。
(ソース: GamePop , The Verge)

【関連記事】
Ouyaの一般販売が3週間の延期、新たな追加資金のニュースや分解レポートなども
『Portal』のKim Swift氏が手がけるOuya向け新作『Soul Fjord』が正式発表
Ouya、FuturemarkによるAndroidデバイス3Dベンチマークランキングでは78位に
メニューUIやゲームプレイシーンも収めた、小型ゲーム機“GameStick”開封映像
Androidベースの超小型ゲーム機“GameStick”の予約がスタート
Ouyaと同様の小型ハード“GameStick”がKickstarterに登場、開始1日で目標額を突破
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

  6. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  7. 「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

  8. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  9. 『VA-11 HALL-A』の続編『N1RV Ann-A』発表! 高評価サイバーパンクバーテンダーADV

  10. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top