マイクロソフトがテレビの視聴に実績解除システムを実装する特許を申請 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マイクロソフトがテレビの視聴に実績解除システムを実装する特許を申請

ニュース 最新ニュース

映像メディアとゲームがより密接に共存しているマイクロソフトの次世代ゲーム機Xbox Oneですが、同社はテレビの視聴にXbox 360に似た実績システムを実装する内容の特許を申請していた事が明らかとなりました。

昨年11月に申請されたこの特許は、受動的な傾向にあるテレビの視聴が双方向体験に向かう事を謳い、特定の映像などを視聴する事でアワードや実績が解除されるといった内容。その例としては、スーパーボウルの一試合を視聴した際や、番組のシリーズを全て視聴した際などに実績が解除されるといったもので、特定の映像や広告に付加価値をつける事で、視聴者数や広告の機会の増加が期待されている模様です。

マイクロソフトはこのシステムにKinectの使用も想定しており、その用途としては単純に部屋の中にユーザーが存在しているかを確認するためや、特定の物をカメラに向ける事で実績が解除といった使用例が挙げられています。また報酬(アワード/実績)についても様々な可能性を提示しており、他のユーザーから確認出来る実績風のスコア集計や、アバター向けアイテムやゲームの仮想通貨も報酬の可能性として示されています。

これまでにもXbox Rewardのサービスを介す事で映像の視聴による報酬は実現していましたが、Xbox Oneではシステムとして組み込まれる形となるのでしょうか。(ソース: GameIndustry)
【関連記事】
海外報道: Xbox Oneでは中古販売の売り上げの一部がMicrosoftとパブリッシャーに入るシステムに【UPDATE】
【Xbox One発表】MicrosoftがXbox Oneソフトの中古売買やアクティベーションについて明確化
【Xbox One発表】海外報道:Xbox Oneのゲームは初回インストールが必要、中古ディスクは追加料金でインストール可
【Xbox One発表】Xbox Oneはシングルプレイゲームでも24時間に1回ネット接続を要求−ハリソン氏
【PS4発表】PS4では中古ゲームもプレイ可能−SCE吉田氏がEurogamerに伝える
Game*Sparkリサーチ『次世代機に搭載が噂される中古対策機能について』結果発表
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  2. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  6. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  9. 2017年のSteamベストゲームはこれだ! 売り上げ上位作品が発表

  10. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

アクセスランキングをもっと見る

page top