史上最悪のクソゲー『E.T.』は本当に埋め立てられたのか?Atariの墓を掘り返す検証ドキュメンタリーが進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

史上最悪のクソゲー『E.T.』は本当に埋め立てられたのか?Atariの墓を掘り返す検証ドキュメンタリーが進行中

ニュース 最新ニュース

1982年にAtari 2600向けに発売され、アタリショックや当時のAtari倒産を引き起こしたとの古き言い伝えも残っている伝説のクソゲー『E.T.』(※)。同作の売れ残った大量のカートリッジは14台のセミトレイラートラックで運搬され、夜間の間にニューメキシコ州アラモゴルド市内の埋立地に埋められた――1983年にこのようなニュースがNew York Timesなどで報じられ、現代までまことしやかな都市伝説として伝えられてきました。

約30年の時を経て、その『E.T.』の墓を掘り返すドキュメンタリーが進行中のようです。


これはカナダを拠点にした映画プロダクションFuel Industriesが進めているドキュメンタリー企画で、同社は“Atariの墓”とも称される都市伝説の真相を解明していくとのこと。この一件を報じたKRQE.comによれば、すでにFuel Industriesはアラモゴルド市とも契約を交わしており、今後6ヶ月にわたり埋立地を掘り起こす予定であるそうです。

伝説級のクソゲーとして海外のみならず国内でも良く知られる『E.T.』ですが、この“Atariの墓“都市伝説の真偽については疑問視する声も多くあります。果たして本当に『E.T.』のカートリッジは埋め立てられているのか?そしてその墓を開いた時に蘇るものとは?今後も続報に注目しておきましょう。
(ソース: KRQE.com)

※ アタリショックはそもそも存在していなかったなど現在では諸説が存在しており、『E.T.』がこれを引き起こしたとの説は疑問視されることも多い。また『E.T.』の売り上げはそれほど不調では無く、Atariの過剰生産や高額なライセンス料が同社の倒産を招いたとの指摘もある


【関連記事】
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

    映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  2. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  3. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

    『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  4. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  5. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  6. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  7. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

  8. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

アクセスランキングをもっと見る

page top