『BioShock』のKen Levine氏がSF映画『2300年未来への旅』リメイクの脚本家に抜擢―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『BioShock』のKen Levine氏がSF映画『2300年未来への旅』リメイクの脚本家に抜擢―海外報道

最新作『BioShock Infinite』にてGoTY確実とも思える最高評価を海外メディアから得たIrrational GamesとKen Levine氏。同氏は元はヴァッサー大学出身の映画脚本家であり、29歳の時にゲーム業界へと足を踏み入れたことで知られています。そんなLevine氏が『2300年未来へ

ニュース 最新ニュース
最新作『BioShock Infinite』にてGoTY確実とも思える最高評価を海外メディアから得たIrrational GamesとKen Levine氏。同氏は元はヴァッサー大学出身の映画脚本家であり、29歳の時にゲーム業界へと足を踏み入れたことで知られていますが、そんなLevine氏が『2300年未来への旅(Logan's Run)』リメイク映画の脚本家としてWarner Bros.に抜擢されたというニュースが海外にて報じられています。

これは映画ニュース関連の海外サイトDeadlineが独占スクープとして報じたもの。マイケル・アンダーソンがメガホンを取った1976年のSF映画『2300年未来への旅』はリメイクの話が1990年代中頃から存在しており、これまで『X-Men』のディレクターBryan Singer氏や『The Wolverine』のライターChristopher McQuarries氏の名が挙がっていました。

ゲーム開発が疎かになるのではとも心配してしまう今回のスクープですが、DeadlineによればLevine氏は依然としてクリエイティブディレクターやIrrational Gamesの共同設立者としての役割にフォーカスしていくそうです。なおLevine氏は幼少時代に熱中した作品としてウィリアム・F・ノーランとジョージ・クレイトン・ジョンソンによる原作小説『ローガンの逃亡』を挙げるほどのファンで、今回の脚本抜擢は願ってもないといったところではないでしょうか。


なお『2300年 未来への旅』は核戦争後に統制管理された人類社会が舞台で、21歳(映画では30歳)を超えると人口抑制のために抹殺されるコロニーからの脱走者ランナーが描かれる作品となっています。
(ソース: Deadline)

【関連記事】
【PR】ケン・レヴィンの生涯と最新作『バイオショック インフィニット』への道のり
Ken Levine氏が昨日の新作報道を否定、架空のNEW GAMEを開発していく愉快なツイートも
Ken Levine氏が映画版『BioShock』を中止した理由について語る、ウォッチメンの影響も
『BioShock Infinite』の開発が完了!Ken Levine氏からファンにメッセージも
Ken Levine氏の信念が込められた『BioShock Infinite』ハンズオンインプレッション
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  2. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  5. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  6. 『サムライスピリッツ』DLC「緋雨閑丸」が9月に無料配信!シーズンパス2で「真鏡名ミナ」参戦も

  7. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  8. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  9. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  10. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top