カプコン、3月期第1四半期『バイオハザード』『ドラゴンズドグマ』など売れ行きは伸びるも、増益に結び付かず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、3月期第1四半期『バイオハザード』『ドラゴンズドグマ』など売れ行きは伸びるも、増益に結び付かず

カプコンは、2014年3月期第1四半期の連結業績を発表しました。発表によると、売上高174億5700万円(前年比6.2%減)、営業利益7億2300万円(前年比72.9%減)、経常利益11億5100万円(前年比47.9%減)、四半期純利益は8億2800万円(37.3%減)となりました。

ニュース 最新ニュース
カプコンは、2014年3月期第1四半期の連結業績を発表しました。

発表によると、売上高174億5700万円(前年比6.2%減)、営業利益7億2300万円(前年比72.9%減)、経常利益11億5100万円(前年比47.9%減)、四半期純利益は8億2800万円(37.3%減)となりました。

パッケージゲームの売れ行きに関しては、マルチプラットフォームで展開した『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』は計画通りの推移、PS3/Xbox360用『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は底堅い売れ行き、オンラインゲーム『モンスターハンター フロンティアG』は健闘、台湾で配信を開始したブラウザゲーム『鬼武者Soul』は順調な滑り出しとされています。

しかしながら、パッケージソフトの販売単価が低下したこと、モバイルコンテンツで有力タイトルが欠けたことなどを原因として、デジタルコンテンツ事業の売上高は124億5400万円(前年比9.4%減)、営業利益が4億2300万円(前年比82.4%減)の減収減益となりました。

2014年3月期の業績予想については、2013年5月8日に発表された業績予想から変更はないとのことです。

(C)CAPCOM

(ソース: CAPCOM IR)

【関連記事】
カプコンの人気タイトル5作を収録した『Capcom Essentials』の情報が海外ショップサイトに掲載
『ロスト プラネット 3』プロデューサー本人による実況プレイ映像第2弾
レベルの高さに小野春麗も「やったぁ!」コミコンでの『ストリートファイター』コスプレコンテスト写真集
『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』のDL版がPS3/Xbox 360共に3,990円で配信開始
『ヴァンパイア』最新作に関する情報は当分無し、カプコンUSA担当者がコメント
限定1000体!ロックマン25周年記念フィギュアが現在予約受付中
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  2. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  3. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  4. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  5. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top