GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー

gamescom 2013において一般展示ブースにはPC版の64人対戦台が、商談、取材用のビジネスエリアではPS4版が展示された全世界待望の期待作『Battlefield 4』。我がGame*Sparkは幸いにも両機種版をプレイする機会を得た

ニュース 最新ニュース
GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー
  • GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー
  • GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー
  • GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー
  • GC 13: 新要素や前作からの進化を確認!『Battlefield 4』PC版とPS4版両機種でのハンズオンプレビュー


gamescom 2013において一般展示ブースにはPC版の64人対戦台が、商談、取材用のビジネスエリアではPS4版が展示された全世界待望の期待作『Battlefield 4』。我がGame*Sparkは幸いにも両機種版をプレイする機会を得たので両機種版総合の、そして多少の比較も交えてつつインプレッションをお届け出来ればと思います。



先ずPC版ですが、プレイ出来たのは先日新たに発表された「Paracel Storm」というマップ。 画面を見る限り美しい南国の海に小さな島々が連なるトロピカルな雰囲気、ここで血みどろの戦闘が!?とミスマッチな感があって逆に盛り上がります。次にゲームモードですが新しく追加された「Obliteration」と言うもの。説明の途中にラグビーやアメフトのようなものを想像してもらえれば、と注釈が。要はフィールドに1個だけ現れる爆弾を奪い合い相手チームの拠点に設置、タッチダウン(爆破)し3ポイント先取したチームが勝ちとのこと。プレイ後の感想としては攻守の状況が常に目まぐるしく変わり今まで以上にスピーディーな展開と、それに対応した素早い状況判断が求められるモードに感じられました。筆者は2度ほどボール(爆弾)を持つ機会があったのですが、途端に敵味方の攻防戦の渦の中心に放り込まれ長生き出来ず。ポイントゲッターにはより立ち回りの上手さが必要とされるモードと言えそうです。

PS4版も同じMAPだったのですが建て込んだビジネスエリアでは16人対戦のボックスしか用意されず、プレイ人数を考慮してか3のプレイヤーには既にお馴染みの「Conquest Domination」。小さな南国の島でクローズクオーターな乱戦バトルが展開されました。

両方をプレイし感じたのは旧来のBattlefieldシリーズよりも展開が速く攻防が熱い仕上がりになっていると言うことでしょうか。マップの特性などもあるのでしょうが、昔のBattlefieldシリーズにあったややもすれば些か牧歌的な雰囲気はなく、積極的に参加するか或いは置いていかれるか、の二択を突きつけられているような感じです。



次にプレイしてみて感じたのは挙動が軽くなった?と言うところ。プレイの前説にもあったとおり"新しい物理エンジン”を取り入れているということでした。3に比べるとすいすい動くと言った印象。好みが分かれるところでしょうが操作のし易さはより洗練されていると感じました。また物理破壊もBFBCシリーズよりも大掛かりでよりダイナミックになっています。たった1回づつのプレイでしたが目の前の壁が吹き飛び分隊全員が的にされたり、林を走り抜けている最中に爆風で周りの木々が吹き飛んだりと今まで以上に臨場感あふれる物理破壊を体験出来たのは大きな収穫でした。

グラフィックに関しては3の段階で既に完成された感があったせいか正直なところそう驚きはありませんでした。特にPS4版は高精細なPC版に比べて多少ぼやけた感があり気になった箇所を幾つか指摘してそのままDICEの担当の方に聞いてみたところ、展示されているバージョンは720Pだとのお答えが。なお製品版は1080Pを目指して鋭意開発中だそう。これについてはEAやDICE側から正式な形での仕様発表を待ちたいところです。いずれにせよPC版、PS4版両バージョンも今現在Battlefield 3を最高設定で遊ばれているような方には強いインパクトを与える程のものではなく、3版をベースにライティングなどを着実に強化させた感じと言ったところでしょうか。それでもプレイ中何度か手を止めて確認した木漏れ日や浜辺の波、リアルタイムな天候変化の美しさは素晴らしかったです。



最後に、進化した点といいますか、『Battlefield 4』で新しく追加された大きな要素と言う「Levolution」。リアルタイムイベントによる環境や地形の変化です。プレイ中に様々な要素が重なることでイベントが発生、大掛かりな仕掛けが発動してフィールドの環境や地形が変わるといった仕組みだそうです。残念ながら両バージョンにおいて確認は出来ませんでしたがムービーを見ると「Paracel Storm」では戦艦が急スピードで島に座礁してきて地形が変わると言った感じになるのでしょうか。『Battlefield』 らしからぬと言うか何とも派手な、目の当たりにするのが非常に楽しみな新要素と言ったところです。

PC版、PS4版とわずか1プレイづつの体験でしたが相変わらず、いや前にも増して熱い対戦ツールになっている、という印象を強く感じました。現場の方に聞いたところ今作は以前のどのシリーズにも増して反響と問い合わせの多い作品だそうです。次世代機種を含むほぼ全てのプラットフォームで遊べる『Battlefield 4』、マストバイな1本と言えそうです。
《パムジー》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

    Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

  2. スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

    スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

  3. 高層マンションサバイバルADV『SKYHILL: Black Mist』発表―ダークなロシア産ローグライクの続編

    高層マンションサバイバルADV『SKYHILL: Black Mist』発表―ダークなロシア産ローグライクの続編

  4. 新作動物園運営シム『Planet Zoo』発表!任意の飼育環境で個別に異なる性格の動物と触れ合おう

  5. 任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

  6. 選択次第で世界が変わるアクションADV『Hindsight 20/20』発表―経験豊富な開発者達による新作

  7. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  8. SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

  9. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  10. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top